ホンビノス貝の値段はスーパーでいくら?通販で購入するとどうなる?

ホンビノス貝 値段 通販食材・グルメ
この記事は約5分で読めます。

ホンビノス貝の値段はスーパーでいくらぐらいするのでしょうか?

某朝のテレビ番組で「おいしい!安い!調理しやすい!三拍子そろった貝」と紹介されたのがホンビノス貝です。

北米原産で食味が良いことから現地では人気があり、20年ほど前から東京湾でもあさりやはまぐりと一緒に獲れるようになった外来種の貝です。

この記事では、別名「大あさり」や「白はまぐり」とも呼ばれるホンビノス貝にフォーカスします。

スポンサーリンク

ホンビノス貝の値段はスーパーでいくら?

ホンビノス貝値段スーパーでいくらでしょうか?

100g88円のスーパーがありました。

5つ入っているから、貝ひとつあたり50~60gほどの重さになるようです。

 

もうひとつ、こちらは別のスーパーで。

100g106円ほどの計算になるので、1番目よりはちと高いです。

でも、はまぐりに比べると7掛けぐらいになります。

 

次は激安情報です。

お皿に5つ乗っていて120円です。

ひとつ50~60gとして計算すると、100gあたり40~50円だったのかな?

 

次は、産地の近くで買ったもののようです。

漁協の直売所みたいなところでしょう。

キロ400円だから100g40円。

地元の人は、日常的にスーパーの激安価格レベルで買えるんですね。

 

ホンビノス貝は、某テレビ番組で「砂抜きが要らない」と紹介され、その日からしばらくスーパーから「ホンビノス貝が消えた」とTwitter界隈がざわついていました。

砂抜きが要らないのは、ホンビノス貝が泥地を好むからだそうです。砂地を好んで生息しているあさりやはまぐりと違うのですね。

 

ホンビノス貝には、旨み成分のコハク酸があさりの5倍以上含まれています。だから、出汁は絶品です。

ホンビノス貝を水から上げて濡れタオルを被せ、冷蔵庫で2日間寝かせておくとコハク酸はさらに4倍になるそうです。ちょっと手間をかけられる方は、試してみて下さい。

ただし、消費期限はお忘れなく。

ホンビノス貝の通販価格はどのくらい?

ホンビノス貝は「三番瀬産ホンビノス貝」の名前で、千葉県のご当地ブランド食材に認定されています。

そのブランド貝が、通販で大手の楽天市場で購入できます。

5,500円で送料無料。100g当たり180円ほどになります。

 

千葉県富津市にふるさと納税をしても、返礼品にホンビノス貝を選べます。

ひと粒130~160gの大粒サイズがそろっているので、バーベキュー向きですね。

実質2,000円の負担で5.5㎏もの量をいただけるので、100g37円で手に入ります。

激安価格なうえに、コロナ禍で販売量が減っている生産者さんの支援にもなります。

 

「ふるさと納税って何だ?」という方は、こちらの記事が参考になると思います。

ホンビノス貝のおすすめの食べ方

ホンビノス貝は、旨み成分のコハク酸を豊富に含んでいるので、どう料理しても美味しくできるのですが、やっぱり出汁を逃さずいただける調理法がオススメです。

ホンビノス貝の酒蒸し

定番ですけど、やっぱり酒蒸し。

ホンビノス貝は口を開くまでに少し時間がかかるので、酒と水を少し多めに入れるのが美味しくつくるコツだそうです。

火が通りすぎると身がかたくなってしまうので、口を開けたら早めに上げて下さい。

zozoマリーンスタジアムでは、ホンビノス貝の酒蒸しが名物のスタジアムフーズになっています!

ホンビノス貝の出汁でつくるインスタントラーメン

ホンビノス貝の出汁の旨みは、ラーメン店で目玉商品になるほどの素材です。

 

インスタントラーメンも、ホンビノス貝の出汁でつくればプレミアムな味に!

 

以上、おいしい!安い!調理しやすい!と三拍子そろったホンビノス貝をご紹介しました。

機会があればぜひ召し上がって下さいね!!



この記事はお役にたてましたか?
あなたのお役にたてたとしたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです(*^^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました