シルクサーモンの販売店はどこで値段はいくら?食べれる店はどこにある?

シルクサーモン 販売店 値段 食べれる店食材・グルメ
この記事は約7分で読めます。

シルクサーモンは、群馬県のあづま養魚場が養殖しているブランドニジマスです。

脂の乗りやすい個体を目利きで選んで、桑の葉パウダーやココナッツオイルを加えた特別な餌を与えたシルクサーモンは、川魚とは思えないコクのあるシルクのように滑らかな舌触りが特徴です。

まるでマグロのように大トロ、中トロ、赤身の3つの味わいのあるシルクサーモンは、どこで販売しているのでしょうか?

シルクサーモンの販売店はどこで値段はいくら?

シルクサーモン販売店はどこにあるのか、調べました。

あづま養魚場

あづま養魚場は、川魚養殖の傍ら釣り堀・食堂・宴会場・川床・鮮魚販売を営んでいます。

日本名水百選に選ばれた箱島湧水を引いた養殖池で、ニジマス・ヤマメ・イワナなどの川魚が育てられています。

釣り堀で釣った魚が食堂でいただけます。

シルクサーモン発祥の地ですが、残念ながら現在はシルクサーモンをいただけないようです。

2022年1月に日本テレビ系の『満天☆青空レストラン』でシルクサーモンが紹介されて、品薄状態が続いているようです。

でも、こちらに朗報が。

シルクサーモンは2021年10月に生まれたばかりのブランドなので、お馴染みになるのはこれからですね!

で、こちらの「絹鱒」の製造元になるのが関東フーズです。

関東フーズ

シルクサーモンを加工して「漬け魚」をつくります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

山中 祐一(@kantoufoods)がシェアした投稿

3枚目の画像を見ると、包装はあづま養魚場の「絹鱒」とは異なっています。

関東フーズはイオン高崎店ぐんままるしぇで、シルクサーモンを催事販売しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

山中 祐一(@kantoufoods)がシェアした投稿

シルクサーモン各種の値段税込648円になっています。

関東フーズは、群馬県で水産加工品を製造販売しています。

お客さんは学校や病院が多いようですね。

催事場への出店などのイベントは、公式インスタグラムで発信されています。

2022年3月にもイオン高崎店に出店していました。

ぐんままるしぇは、毎月開催しているのかしら?

 

この投稿をInstagramで見る

 

山中 祐一(@kantoufoods)がシェアした投稿

画像の2枚目に、シルクサーモン。

やがて群馬を背負って立つFISHです。

と、大絶賛です。

シルクサーモンを食べれる店はどこにある?

シルクサーモン食べれる店を探してみると、今のところ群馬県に足を運ぶ必要がありそうです。

お料理でシルクサーモンが提供されていたお店を紹介します。

旅館きくむら

温泉旅館の食事って、豪勢ですね~

旅館きくむらで2件の投稿があるので、継続して食材にシルクサーモンを使っていることがわかります。

こちらは、小野上温泉の旅館です。

近くに草津や伊香保といった全国区の温泉がある中で、小野上温泉のお湯は「美人の湯」として有名でファンが多いそうです。

さかえ鮨

さかえ鮨は地元、東吾妻町のお寿司屋さんですね。

めっちゃシルクサーモン推しですが、品薄で仕入れられないこともあったようです。

4月30日(土)放送のテレビ朝日系『食彩の王国』では、他の場所が取材されていました。

群馬県の谷川温泉にある別邸千寿庵

群馬県伊勢崎市のいちもん伊勢崎本店

この2軒でも、お料理でシルクサーモンを食べられる可能性がありそうです。

群馬県まで足を運べる方は、ご参考にどうぞ。

シルクサーモンの特徴

シルクサーモンは、あづま養魚場の三代目になる当主池田駿介さんが、5年をかけて生みだしたニジマスの新ブランドです。

2021年10月に商標登録されたばかり。

シルクサーモンはあづま養魚場で育てているニジマスの中から、脂がのりやすい個体を選んで、特別な餌を与えて育てます。

そうすると、ここまで大きくなります!

これまでで一番大きいのは、7.4㎏もあったそうです。

名前のシルクの由来は、脂が絹のように滑らかな舌ざわりであること、蚕が食べる桑の葉のパウダーを餌に混ぜていることから来ているようです。

食味は、大トロと中トロと赤身の3通りの味わいが楽しめる、とフレンチのシェフが評しています。

まだ生まれたばかりのブランド魚なので、通販やふるさと納税でお取り寄せできるようになるには、もう少し時間がいりそうです。

あづま養魚場が育てた最高級のニジマス「ギンヒカリ」はふるさと納税でお取り寄せできますから、

シルクサーモンもいずれそうなることが期待できます。

「ふるさと納税って何だ?」という方は、こちらの記事が参考になると思います。

まとめ

群馬県東吾妻町のあづま養魚場で養殖されているブランドニジマスのシルクサーモンは、加工品になってイオン高崎店のぐんままるしぇで販売していました。

今のところお刺身でいただくには、群馬県の旅館や飲食店まで足を運ぶ必要があります。

通販やふるさと納税の返礼品については、今後に期待しましょう。

いずれこちらのブランドニジマスのように高く評価されることになるでしょう。
プレミアムオリーブヤシオマスの値段はいくら?通販でお取り寄せはできる?


この記事はお役にたてましたか?
あなたのお役にたてたとしたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです(*^^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました