成田山に初詣 駐車場と渋滞情報。アクセス方法もご提案!

成田山新勝寺の初詣は、明治神宮、川崎大師と並ぶ全国トップ3の人出になりますから、お正月はとっても混雑します。

車で初詣にいかれる方は、周辺の交通事情を事前によく調べておきましょう。何も知らずに渋滞に巻き込まれると、ちゃんとお参りできるかどうか。トイレ事情も大変です。

ここでは新勝寺周辺の駐車場情報や渋滞の状況。そして渋滞回避のための成田山へのアクセス方法をご紹介します。

スポンサーリンク

成田山に初詣するときの駐車場情報

成田山やJRや京成電鉄の成田駅周辺には、いくつも駐車場があります。新勝寺では車の交通安全祈願もやっているので、ふだんは問題なく利用できるのですが、初詣期間となるとそうはいきません。

周辺駐車場は20件ほどありますが、この時期に周辺駐車場が使えそうなのは、早朝にお参りするときぐらいかもしれません。

初詣の時期以外ならおすすめの駐車場情報を、こちらの記事で書きました。興味のある方はぜひお読み下さい。

関連記事>>>成田山新勝寺の駐車場おすすめ5選

成田山周辺の駐車場

イオンでは2017年の1月1日~3日まで、電子マネーのWAONを使うのが条件にはなりますが、初詣駐車料金の割引サービスをしていました。ふだんWAONを使っている人なら、2つのイオングループの駐車場は狙い目かもしれません。もちろん、お買い物をすれば同じ駐車料金で、長く駐めておくことができます。

ただ、成田山周辺は1月中はずっと交通規制がかかります。上記の駐車場はほとんどが規制区間の中に入ってしまうので、かなり大変なことになると思います。

平成31年1月の交通規制図がありますので、参考にして下さい。
>>>成田山初詣交通規制図(平成31年1月1日~1月31日)

スポンサーリンク

成田山に初詣するときの渋滞情報

車でいくときの成田山への主要なアクセスは、千葉方面からだと国道296号線→51号線、東関東自動車道富里IC→国道51号線もしくは東関東自動車道成田IC→空港通り(国道295号線)で、茨木方面からだと国道408号線で成田山の裏側から入るルートになります。

どちらも抜け道はありません。51号線は富里ICの入り口あたりから動かなくなるし、408号線もイオンモールあたりは4車線道路ですが大渋滞します。

ちょっとましかな、と思えるのは県道18号線の旧道で西側から入ってくるルートですが、これも最後は駐車場の空き次第ということになります。

【成田山アクセス図】

成田山に初詣するときのアクセス方法をご提案

なので、おすすめしたいのは成田山への最後のひと駅分だけ、電車をつかうことです。

成田駅の隣駅はJRなら「酒々井駅」、京成電鉄なら「公津の杜駅」になります。JRは酒々井の他に下総松崎駅と久住駅も成田の隣駅ですが、周辺には利用できる駐車場がないので酒々井をおすすめします。

京成電鉄の場合は、京成成田をはさんで公津の杜の反対側は成田空港になってしまいます。空港には広い駐車場がありますので料金を気にしない方ならいいかもしれませんが、ここでは公津の杜推しとさせて下さい。

電車で成田駅から成田山に入ると、表参道を通って本殿に向かいます。人も多いですが、いろいろなお店が出ているし、名物の鰻(鰻の旬は冬なんですよ!)をはじめ、ごはん処もいろいろあります。きっと、お正月の雰囲気が堪能できると思います。

酒々井駅周辺と公津の杜駅周辺の駐車場情報をあげておきますので、参考にして下さいね!

JR酒々井駅周辺の駐車場

公津の杜駅周辺の駐車場

お店の駐車場を使わせてもらうときは、できたらお買い物もしてあげて下さいね!

成田山新勝寺周辺の観光スポットを探している方は、楽天たびノートが参考になります。

>>>成田山周辺の観光スポット【楽天たびノート】

まとめ

いかがでしょうか。成田山にお参りするときの参考にしていただけると嬉しいです。

イライラするような混雑は避けて、気持ちよく初詣して下さい。

いい年になりますように!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする