レッドアイズ監視捜査班第2話の感想~長篠と小牧の間の空気がバディっぽくなってきた

レッドアイズ監視捜査官 第2話 感想エンタメ
この記事は約13分で読めます。

レッドアイズ監視捜査官第2話の感想です。

第2話もスピード感が凄くて、放送時間があっという間でした。

亀梨君のアクションシーンは見惚れちゃいますね!

今回はなかったけど、シシド・カフカさんのアクションもカッコいい!!

謎と伏線が散りばめられていて見どころ満載のレッドアイズ第2話でした。

スポンサーリンク

レッドアイズ監視捜査官第2話のあらすじ(ネタバレ)

以下のレッドアイズ監視捜査官第2話あらすじは、ネタバレがあります。

これから視聴しようと考えている方はご注意ください。

 

KSBC(神奈川県警捜査分析センター)に電話が入り、朝の公園でカップルが殺害される犯行現場の映像が、リアルタイムで直接犯人から送られてきました。

現場に急行した伏見響介(亀梨和也)は、男性にまだ息があることに気づき救命します。

殺害された女性のコートのポケットにはメモ帳が入っていました。女性がペンを持っていなかったことから、伏見はこのメモ帳を犯人が残したものと判断します。

メモ帳には暗号のようなメモが書かれていました。伏見とともにKSBCに合流した若き天才ハッカー小牧要(松村北斗 SixTONES)がこの暗号をすぐに解読。

そこに書かれていたのは

私は人間を殺すのが好きだ。
森で獣を狩るよりずっと楽しい。
なぜなら、人間は最も危険な動物だから。

これはアメリカで有名な未解決連続殺人事件、ゾディアック事件の犯人が暗号化して出した犯行声明と同じ言葉。

暗号文の次の手帳のページには、暗号文を午後4時に大手新聞社3紙の公式サイトに掲載しろという要求が書かれていました。

要求を突き付けられたKSBCセンター長の島原由梨(松下奈緒)は、模倣犯の出現を防ぐために情報公開しないと判断。午後4時までの犯人確保を伏見たちKSBCの捜査員に指示します。

捜査に戻った伏見は、意識を取り戻した被害者蠣崎孝太郎(忍成修吾)から逃走した犯人が乗ったオフロードバイクの特徴を聞き出します。この証言からKSBCは犯人の居場所を突き止め、捜査員が現場に乗り込みます。

しかし、犯人が潜む廃ビルには爆弾が仕掛けられていました。

辛うじて爆発から逃れた伏見は、抜群の観察眼と洞察力で犯人の逃走経路が屋上からであることを見抜いており、廃ビルの屋上で格闘の末犯人漆川(般若)を取り押さえます。

 

ここで一件落着かと思いきや、湊川は蠣崎の共犯で、むしろ蠣崎が主犯であることが判明しました。

バイクの特徴を証言したのも、伏見たちを爆弾を仕掛けた廃ビルに誘い出すための罠だったのです。

それが明らかになったのが、次のシーンでした。

毎週水曜日は一人息子の敢太(森島律斗)と晩御飯を一緒に食べる約束をしていることから、病院で蠣崎の証言を取ったあと、伏見に捜査活動から離脱させられた湊川(シシド・カフカ)は、蠣崎の治療を担当した医師から渡された手術経過報告書の傷の形が蠣崎の話と矛盾することに気づき、伏見に電話をします。

伏見は湊川からの電話で蠣崎が自分で腹を刺した、と気づきます。

しかし伏見がそれを湊川に伝えた直後、湊川は蠣崎にスタンガンで襲われ拉致されてしまいます。

 

暗号文を公開しなかったKSBCに激怒した蠣崎は、KSBCに電話をかけてつないだ映像で、拘束され袋詰めにされた男性をバットで殴り殺したところを映し、警察の失態で男性が殺害されたことを午後8時に公表しろと要求します。

カメラの角度が変わると、そこには手足を縛られて転がされている湊川の姿も。

蠣崎はその傍らに、廃ビルに仕掛けたものと同じシンバルモンキーのおもちゃにつけられた時限爆弾を置きます。

そして蠣崎は「この女を助けたければ、原点に返れ」という言葉を残し、イギリスでは中指を立てるのと同じ意味の手の甲を見せるピースサインをカメラに映して通話を切ります。

午後8時まで、あと2時間。湊川をその前に救い出して蠣崎を逮捕できるのか?

というところで第2話はおしまいになりました。

レッドアイズ監視捜査官第2話の感想

第1話では2人の女性が拉致され、男性ガードマンが脅迫を受けて犯行に協力させられましたが、1人も殺害されることはありませんでした。

しかし第2話からは、物語が一気に加速しましたね~

2人の殺人被害者が出て、さらにチームの一員湊川が拉致されるという非常事態。

漆川逮捕で一息つけるかと思いきや、そこから怒涛の急展開でKSBCはいきなり崖っぷちに立たされました。

確かにKSBCにつながっていた映像が殺害シーン直前で切れるとか、女性は殺されたのに被害者男性には息があったとか、ちょっと気になるシーンはあったのですが、まさか蠣崎が主犯だとは。。。

ドラマに詳しい人の中には、最初から忍成修吾さんが演じている蠣崎がただの被害者で終わるはずがないと思っていた人もいたようです。

キャスティングから考えるという話では、笠原秀幸さんが演じているので島原の夫が何か怪しいという声も。

ドラマの公式ページの相関図に島原の夫の信嗣が出ていないことも、怪しい疑惑の根拠となっています。

でも後述しますが、青いコートの男の部屋のガラス板には信嗣の写真も貼られていたので、彼は犯罪に与する立場ではないと思いますけどね。

先クールで放送されていたTBS系の『危険なビーナス』でまさかの犯人だった兼岩憲三も、小日向文世さんが演じていたから予想の範囲内だったという人がいました。

これは小日向さんほどの役者が、気のいい主人公のおじさんだけで終わるはずがないということだそうです。

忍成さんがさまざまな作品で悪役を演じていたことがインプットされている人なら、最初に忍成さんの顔を見た時点で蠣崎が被害者であるわけがないとわかったのでしょうね。

 

第1話では伏見の婚約者、結城美保(小野ゆり子)を殺めた青いコートの男(輸入道)を伏見が逮捕直前まで追い込みながら、崩せないアリバイがあって逮捕できなかったことが明らかになっています。

※ ↑再生すると音が出ます。ご注意ください。

その上、伏見は青いコートの男に暴行を加えた角で、懲戒免職となり警察を追われます。

伏見は警察を辞めた後、自分が手掛けた事件で逮捕した3人とともに浮気専門の探偵事務所をしながら、美保殺害の真犯人をひとりで追い続けていました。

第1話の終わりと第2話のはじめに映された青いコートの男の自宅らしき場所には、伏見と美保をはじめとしてKSBCメンバーとその家族の写真が名前とともに、額縁に入った青い色の抽象画が並べられた壁を背景にしたガラス板に貼られています。

写真の中にはまだドラマに登場していないと思われる人物の写真もあり、名前だけで写真のところに?マークが書かれているものもあります。そして美保の写真には、赤いインクで×印が付けられています。

これは、ターゲットを消したという意味になるのでしょう。

となれば、青いコートの男はたまたま伏見の婚約者である美保を殺害して伏見に追いつめられたことを逆恨みしている殺人鬼ではなく、何か目的をもって最初から美保を狙っていたのではないでしょうか?

もし、3年前に伏見が逮捕直前まで追い込んだ男が真犯人なら、伏見を恨んで復讐を考えていることは納得がいきます。しかし、なぜKSBCのメンバーやその家族の写真まであるのか?

まるで殺害予定者リストのように見えるガラス板に貼り付けられた写真は、青いコートの男が伏見とその仲間である元犯罪者が、島原の立ち上げたKSBCに合流することを予測していたのではないかとすら思わせます。

 

美保が殺されたのが偶発的ではなく、最初からターゲットにされていたのなら、裏には日本全国500万台の監視カメラによる犯罪捜査システムをめぐる警察内部の覇権争いのような暗闘もありそう。

これは大ヒットした篠原涼子さんの『アンフェア』や、記憶に新しい賀来賢人さん主演の『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』にもあった、ある意味鉄板の構図ですね!

レッドアイズ、なおさら見ごたえがありそうな予感がしますwww

ドラマのスピード感に遅れないようにアップアップで付いていきながら、ドラマのあちこちに埋め込まれた伏線も意識しなければいけなくって、観ながら頭が本当に疲れます。トホホ・・・

でも、ネットの伏線監視委員の方々の目は素晴らしい!

第2話には、他にも次回以降につながる伏線がありました。

それは湊川だけでなく、一人息子の敢太にまですでに青いコートの男が接近していること。

伏線監視委員のお一人が、その証拠映像をTwitterにアップしてくれていました。

よく左上の青いコートの男に気づきましたよね~

僕はリアルタイムで見ているとき、バス停の3人があまりに無表情に映っていることに気がいって、その上の青いコートの男はまったく見えていませんでした。

伏見に罠をかけた蠣崎は、伏見の過去を詳細に知っている模様です。その情報は、おそらく青いコートの男から共有されたものでしょう。

すでに2人を殺害したかに見える蠣崎すら、駒の1つにとして操っているように見える青いコートの男は最強のボスキャラに違いないと思えます。

いったい何者で、この男の目的は何なのか?

公式Twitterでは、第3話では敢太にも危機が迫っていることが明かされました。

青いコートの男が側にいるなんて、怖すぎます!!!

さらに青いコートの男は島原センター長の年の離れた妹、大塩はるか(高橋ひかる)が働いているカーキッチンにも近づき、はるかを遠目で見ながらこぶしをグッと握りしめます。

もしかすると、この男は島原センター長に恨みを抱いている人間なのでしょうか?

彼の本当のターゲットは誰なのか?

予告編もみると、第3話では湊川が夫を殺害せざるを得なかった事情を含め、湊川親子の過去を軸にドラマが展開しそうです。

おそらく湊川親子はどちらも欠けることなく、第4話以降も出続けると思いますが、青いコートの男の正体や警察との関わりなどがどれほど明かされるのか、興味がつきません。

早く来週を見たいです。

長篠と小牧の間の空気がバディっぽくなってきた

緊張感と怒涛の展開で息つく暇もない『レッドアイズ監視捜査班』ですが、唯一ほっこりできるのが長篠文香(趣里)と小牧要の掛け合いのシーンです。

長篠、小牧といえば、天下を取るまでに徳川家康が戦った戦場の名前です。

ちなみに趣里さんは、水谷豊・伊藤蘭夫妻のひとり娘です。

最初に喧嘩を吹っ掛けたのは、長篠です。

元犯罪者の小牧がKSBCに加わることに対して、露骨に嫌悪感を表しました。

反撃する小牧は、手元にある情報を統合して絞り込みをかけないシラミツブシの長篠のリサーチ手順が効率的でないと、馬鹿にしたように口撃します。

しかし予断を交えず全情報に網をかける長篠の手法で、逃亡するオフロードバイクが特定されたことを目の当たりにして、小牧は態度をあらため長篠に指示を仰いで彼女と協同するようになりました。

この2人の距離が微妙に縮まっていく感じが、ほっこりポイント。

ここはTwitterでも気になった人が多かったみたいですね。

まるで恋愛ドラマによくある最悪の出逢いから、徐々に恋人同士になっていく過程のようですが、第2話にしてここまで一気に仕上げて最高のバディっぽくなりつつある雰囲気を醸し出しているのは、このドラマらしいスピード感です!

次回にはこんな息の合った振り向きシーンもあるんですよw

レッドアイズ監視捜査官第2話 あらすじ ネタバレ 感想

小牧を演じる松村北斗さんの人気が、爆上がりしそうな予感ですが、おじさんには長篠演じる趣里さんのキュートさも堪りません(笑)

でも、テレビの予告編をみると第3話は第1章がクライマックスを迎え『あの人物が命を落とす』って(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

あの人物って、たぶん蠣崎。。。

であって欲しい。

あの人物って誰なんだろう?

第3話の放送が今から待ち遠しいです。

※ ↑再生すると音が出ます。ご注意ください。

ここまでの第1話、2話を見逃しちゃった方はHuluの2週間無料トライアルで見ることができます!

詳しくはこちらから↓↓↓

Hulu

上記の情報は2021年1月31日時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認下さい。


この記事はお役にたてましたか?
あなたのお役にたてたとしたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです(*^^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました