ダイエットが続かない理由。成功の秘訣とは? 継続するには?

ダイエットが続かないと悩む人は多くいます。でも、ダイエットが失敗する原因はたったひとつです。逆に、成功する原因もたったひとつ、単純なことです。

スポンサーリンク

ダイエットが続かない理由とは

ダイエットが続かない理由は簡単です。

辛いから。

空腹が辛い。食事制限が辛い。炭水化物が食べられないのが辛い。カロリー制限がつらい。筋トレが辛い。水泳が辛い。 縄跳びが辛い。

他にもあるかもしれません。

でも、辛いことはだいたい食べられないことか、運動しなければならないことです。辛いから食べない我慢をやめて、辛いから運動をやめて、リバウンドするのです。

もし、ダイエットが辛くなければ、ダイエットを続けられますか?

答えがイエスなら、あなたが辛くないやり方で、ダイエットをはじめましょう。

僕はそうやって、7ヶ月ちょっとで73キロから67キロに減量しました。これでメタボ予備軍だったのが、標準になりました。健康診断で、ほとんど引っかかる項目がなくなったのです。

今からそのやり方をお教えします。

ダイエット成功の秘訣

ダイエットには体重を落とすことと、体を引き締めることの2つの軸があると思います。つまり体重を減らすことと、体脂肪を減らすことです。

でも、体脂肪を減らすのは、体重を減らすより難しいことです。減量することすらできなければ、体脂肪だけ減らすなんて夢のまた夢。

だから、まず体重を減らすことだけに集中しましょう。それができるようになったら、今度は体脂肪を減らして体を引き締めることを考えればいいですから。

体重が減らない原因はただひとつ。使うカロリー以上に、食べてカロリーを摂っているからです。

一生懸命運動しても、好きな食べ物を我慢して食べないでいても、体重が増えているとすれば、カロリーを摂りすぎているのです。逆に、摂ったカロリー以上に使えば、確実に減量ができます。

ダイエットが上手くいくかどうか、成功失敗の分れ目は、カロリーが足し算か引き算かの違いだけです。

ポテトチップス一枚のカロリーは10kcalです。もし1日ポテチ一枚分だけカロリーの収支をマイナスにしたら、1年後の体重はどうなるでしょう?

1日10kcalだと、1年365日で3,650kcalのマイナスになります。ザックリした計算ですが摂取カロリーを7,000kcal減らすと、体重は1kg減ります。だから、ポテチ一枚分のダイエットで、体重は年に500gぐらい減らせます。

たった500gと侮ってはいけません。確実に500g減るのです。

ダイエットに挫折して体重がリバウンドした人は、ポテチ一枚分だけアンダーカロリーにすることもできていないのですから、コレを1年続けるって結構凄いことなんです。

もし1日ポテチ10枚分をアンダーカロリーにできたら、年に5kgは確実に減量できるようになります。

辛くないやり方を教えると書きましたが、カロリーを管理することだけは必要です。ごくわずかでもかまわないのですが、アンダーカロリーを続けなければ絶対に減量できません。

だから、自分が辛いと思わないやり方でアンダーカロリーにする方法を見出すこと。これが、ダイエットを成功させる秘訣です。だって、辛くなければ続けられるのですし、続けられればいつか体重は減るしかないですから。

ダイエットを、歯磨きするように当たり前の習慣にすること。これができれば、成功間違いなしです。

どれだけ食べると減量できるのかを見出すことが、そのための第一歩です。

ダイエットを継続するには

これまでの食生活を振り返って下さい。そして、ひとつだけ何か変えてみて下さい。それを1週間続けて、体重が変化するかどうかをみます。

体重は毎日同じタイミングで測って下さい。理想的なのは朝起きてトイレに行った後、何かを口に入れる前です。素っ裸で測るのがおすすめです。

そして、毎日の体重を記録して下さい。手書きでもいいし、パソコンやスマホで入れてもいいです。記録を残すことが大事です。

スポンサーリンク

運動が嫌いなら、運動なしでかまいません。体を引き締める筋トレも要りません。運動なしでアンダーカロリーになるように食べれば、それでいいです。

甘いものが好きなら、どうぞ食べて下さい。白米なしでは生きていけないという人は、ご飯を我慢しなくてかまいません。その代わり1日ポテチ一枚分だけ、カロリー収支をマイナスにしようと考えてみて下さい。

大きく生活習慣を変えなくても、過食を抑える方法はあります。

たとえば、

  • 意識してゆっくり時間をかけて食べる
  • 野菜から先に食べる
  • よく噛んで食べる
  • ご飯の前や小腹が空いたときに、お椀に一杯の暖かい出汁を味わって飲む
  • 1日三食を、同じ量で1日五食にする

仕事が忙しくて食事に時間をかけられない人は、食べる回数を多くする工夫をしてみましょう。大阪のオバちゃんにならって、飴ちゃんやおかきや昆布をカバンに入れておく、という手もあります。

日々体重が増え続けている人は、まず食欲を抑えることが必要です。我慢するのではなく、空腹を感じにくくすることです。それが最優先課題ですね。たぶん上記のどれかが役にたつと思いますから、いろいろ試してみて下さい。

そして食べる量が落ち着いて体重が横這いになったら、今度はポテチ一枚分だけでもアンダーカロリーになるように考えて下さい。

一食抜くとか、間食をいっさいやめるとか、それまでの習慣を無理して変えてはいけません。無理は必ず、あとになって辛さを生みます。

これまで食べすぎていたのですから、何かしら我慢しなければならないでしょう。でも、それはご自分にとって一番楽なやり方でいいのです。続けられるやり方にすることが大事です。

ここで、こうしたらいいという具体的なことは書きません。食生活や生活習慣は人それぞれだし、辛さを感じるポイントも人それぞれだからです。

僕は、お昼を近所の定食屋やラーメン店で食べるのをやめて、コンビニで買うことにしました。コンビニは全ての食材にカロリーが書いてあります。合計カロリーが600kcal以下になるようにして、2週間続けたら体重が1.4kg落ちました。

そこで、それを7ヶ月続けたら、それだけで6kg減量できたのです。

後から逆算すると7ヶ月の間毎日、僕はコンビニで売っているおにぎりひとつ分、約200kcalアンダーカロリーにしていたことになります。

もちろん、コンビニのお昼にできない日も多くあったので、平均的にという話です。

たくさん食べたり、昼からビールを飲んだりすることもありました。一方で忙しすぎて、食事の時間が取れない日だってありましたから、そういう日々を全部均してみると、おにぎり一個分のダイエットだったということです。

僕には、このやり方がストレスなく、仕事や家族にしわ寄せが行くこともないやり方だったので、続けることができました。

あなたにとっては、何が「お昼はコンビニで600kcal以下」というルールになるでしょうか。たぶんルールは、単純でストレスなく続けられるものがいいです。そういうルールを見つけて下さい。

いいルールを見つけるのに、少し時間がかかったってかまいません。こういうルールを見出すことができたら、もうその時点で減量が成功したも同然ですから。あとは時間が解決してくれます。

まとめ

ダイエットが辛くなければ、挫折しないで続けられるから、リバウンドしないでいつか減量が成功します。最初は、カロリー収支が少しマイナスになる食べ方をつかむことだけに、集中して下さい。

それがわかれば、あとは続けるだけですから。

絶対に無理や我慢はしないで下さい。もっと自分に合うやり方がないか、頭をつかっていろいろ試して探すことです。そこは頑張ってくださいね。

大事なことなので繰り返しますが、いいルールさえ見つけられれば、それで成功は保証されたようなものです。

ダイエットがうまくいきますように!!

当ブログのダイエット関連の記事の一覧は、こちらからどうぞ
>>>ダイエットを楽にして挫折しないための秘訣や体脂肪を下げる運動に関する記事の一覧

この記事はお役にたてましたか?
あなたのお役にたてたとしたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする