確定申告

ふるさと納税

個人事業主 ふるさと納税の限度額の計算方法 前年度比で考える

個人事業主がふるさと納税の限度額を計算する方法を書きました。 かなり正確な計算ができると思います。 前年の確定申告書と住民税の税額決定通知書を用意して下さい。
暮らし・生活の知恵

株の損失を繰越するべきか? 確定申告前にすることと控除の仕方

株を運用していて損失が出たらどうしますか? 利益の出ている株と損益通算する。翌年以降に損失を繰越する。 どちらも節税になりますが、ときに節税効果以上にデメリットが大きいことがあります。 節税したつもりが損した。。。 ということがない...
扶養 扶養控除 扶養家族

扶養を外れる金額はいくらからか パート先で社会保険に加入することも

扶養を外れる金額は、税金と社会保険ではちがいがあります。 扶養を外れるのは年収いくらからになるのか、さらに社会保険で扶養を外れることになる年収以外の条件についてまとめました。
ふるさと納税

ふるさと納税で節税できる金額 確認する方法と受け取り方について

ふるさと納税で節税になった金額はどうやって受け取るの? いまひとつわからない人は、この記事を読むとスッキリします。 正確にいうと、ふるさと納税という仕組みは節税ではありませんが、そこは重要ではありません。節税対象になる金額やその確認方法...
扶養 扶養控除 扶養家族

扶養控除をわかりやすく 金額の一覧表とか計算はいつからするかとか

誰かの生活費を負担することを「扶養」といいます。扶養控除とは、所得税・住民税の計算にあたって、あなたが親族を扶養している場合に税金が安くなる仕組みです。 扶養に関わる金銭的なサポートは、税金以外では社会保険の制度にも組み込まれています。ま...
ふるさと納税

年金受給者の寄付金控除にワンストップ特例制度がつかえる条件

年金受給者がふるさと納税をしてワンストップ特例制度を利用できる条件は、以前の記事で書いています。 でもちょっとわかりにくかったかなと思うので、もう少しくわしく書いてみました。 関連記事>>>ふるさと納税の年金受給者の計算方法 ワンストッ...
暮らし・生活の知恵

寄付金控除の確定申告はいつからできるか 必要書類とかやり方とか

平成29年分の確定申告の受付期間は、通常は平成30年2月16日(金)から3月15日(木)までです。 でも、寄附金控除のためだけに確定申告をする場合は、受付期間が異なります。
暮らし・生活の知恵

確定申告でふるさと納税を寄付金控除する いつからいつまでできるか

ふるさと納税で確定申告をするのがめんどくさいのか、忘れたのか、確定申告をしない人がけっこういるそうです。 簡単にできるのに、もったいない話です。早ければ30分でできます。 確定申告書の書き方や計算方法なんて知らなくても、決まったフォーム...
暮らし・生活の知恵

確定申告で医療控除するといくら戻るのか?やり方と期間

医療費を多く支払った人は、確定申告で医療費控除をすれば、税金が戻ってきます。 医療費控除の確定申告は、インターネットにつながる環境と年末調整をした源泉徴収票があれば、簡単にできますよ。
暮らし・生活の知恵

確定申告を初めてするとき自分でやるか税理士か? 書き方はどうすればいい?

はじめて確定申告書をつくらないといけなくなったら、ぜひお読み下さい。 きっと確定申告書をつくるのは、あなたが思っているよりもずっと簡単です。
タイトルとURLをコピーしました