大黒本しめじを通販で購入すると値段はいくらぐらいか?お得な方法も紹介します!

食材・グルメ
この記事は約3分で読めます。

大黒本しめじを通販で購入すると値段はいくらぐらいでしょうか?

京都の食の台所、京丹波町産の大黒本しめじが通販で購入できるようになったのは、人工栽培ができるようになったからです。

「幻のきのこ」と呼ばれた本しめじがリーズナブルな値段で全国どこからでも手に入るのは、技術進歩のおかげなんですね!

スポンサーリンク

大黒本しめじを通販で購入すると値段はいくらぐらい?

通販大手の楽天市場では、350g~500gぐらいの量で4,000円前後/送料無料が相場というところです。

もっと少量で安い価格のパッケージもありますが、送料がけっこうかかってしまうので、かえって割高になりそうです。
>>> 【楽天市場】大黒本しめじの通販

500gあったら、割と大人数で楽しめそうですね!

バーベキューで食べたらおいしそう~

本しめじは、よくスーパーで見かけるぶなしめじとはまったく違う種類のきのこだそうです。

その形から大黒様の名前が付けられた本しめじは、京都丹波の特産品で「京のブランド産品」にも指定されています。

人工栽培ができるようになる前は「幻のきのこ」と呼ばれて、京都の高級料亭などでしかいただけなかったそうです。

大黒本しめじをお得に手に入れる方法

裏ワザでもなんでもありません。

京丹波町に「ふるさと納税」で寄付すると、お礼の品として「大黒本しめじ・大粒丹波しめじセット」をいただけます。

こちらから「ふるさと納税」を申し込めます。

実質的に2,000円で、これだけの大黒本しめじをいただけるので、ぜったいお得ですよ!!

お礼の品には、大黒本しめじ以外のものもあります。牛肉もいっしょにいただいて、すき焼きなんていかがでしょうか?

追加で寄付して牛肉までいただいても、実質2,000円は変わりません。

「ふるさと納税って何だ?」という方は、こちらの記事が参考になると思います。

 

「香り松茸、味しめじ」という言葉があります。

あの「しめじ」は「大黒本しめじ」のことなんですって♪

ちょっと調べてみたのですが、いつ頃の言葉なのかはわかりませんでした。

まだ人工栽培技術のない時代に生まれた言葉だとすれば、お公家さんか、大店の旦那さんか、いずれにしても京の都で暮らしていた人の言葉なんでしょうね。

人気のレシピもひとつ紹介しておきます。

大黒本しめじのバターソテー
大黒本しめじのバターソテー
作者:mococo05■材料(1〜2人分)
大黒本しめじ / 3本
バター / 小さじ1
塩 / 小さじ1/5程度
黒コショウ / 少々■レシピを考えた人のコメント
大黒本シメジをシンプルにバターソテーにしました。詳細を楽天レシピで見る

秋の味覚を堪能して下さい!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました