シボヘールの口コミ 選んだ理由と効果と購入を最安値でする方法

シボヘールの口コミはアットコスメでも3件しかなく、少なめです。その効果があるのかどうか知りたい人も多いのではないでしょうか。

僕は2017年2月から9月まで7ヶ月かけて、体重を73kgから67kgにしました。いまでも、体重は68kg前後を維持しています。

この間、シボヘールを7ヶ月続けて摂っていたので、その結果もふくめてどんなダイエットをしていたかを、ここでまとめてみます。


「シボヘール」>>詳しくはこちら

シボヘールの口コミ 選んだ理由

もともと、自分がシボヘールを摂ることになるとは思っていませんでしたが、なぜ7ヶ月も使うことになったのか、その経緯をダイエットの経過と合わせて口コミします。

肥満指数BMI22が一番健康で長生きできると何かで知ったことが理由で、身長175cmの僕はダイエットの目標をBMIが22になる体重67kgにしました。

参考>>>ke!san 生活や実務に役立つ計算サイト「BMIと適正体重」

この減量を運動なしで達成したかったので、前年の暮れ頃からいろいろとダイエット方法をかなり真面目に研究しました。

運動をしないでダイエットしようと思ったのは、過去に何度も走ったりしてダイエットに挑戦したけれど運動が続かなかったことと、わざわざ運動するために時間がとれないことが理由でした。

満を持してダイエットを始めたのが、2月13日。やったのは、昼食を変えることです。

それまで平日の昼食は、職場近くのお店をローテーションしながら、定食、ラーメン、カレーライスを食べる生活でした。ほぼ10年近く、そんなお昼ご飯を摂っていたのですが、これをガラリと変えて、できるかぎりコンビニで買ったお昼ご飯にしました。

コンビニの食材にしたのは、カロリーが全部わかるからです。平日は、表示カロリーで600kcal以下にして、体重の推移を毎日みました。

600kcalを目安にしたのは完全に勘ですが、約2週間後の2月25日に体重が1.4kg減って71.6kgになったので、これを続ければいずれ67kgまで減量できると確信をもつことができました。

表はダイエット中の体重や体脂肪率などの推移です。

体重 体脂肪率 体脂肪量 BMI
2/13
ダイエット初日
73.0kg
22.5%
16.4kg
23.8
2/25
71.6kg
22.5%
16.1kg
23.4
3/18
70.5kg
23.9%
16.9kg
23.0
4/3
シボヘール開始
70.3kg
23.2%
16.3kg
23.0
5/8
70.6kg
22.7%
16.0kg
23.1
6/30
69.6kg
19.2%
13.4kg
22.7
7/27
68.1kg
20.5%
14.0kg
22.2
9/26
66.9kg
21.2%
14.2kg
21.8
10/31
66.6kg
22.5%
15.0kg
21.7

お昼のカロリーは600kcalを意識していたのですが、記録によると実際は500kcal前後になっていました。

後から計算するとダイエット中のカロリーは、平均して毎日200kcal程度摂取カロリーが消費カロリーを下回るアンダーカロリーだったようです。これはコンビニのおにぎりひとつ分のカロリーに当たります。

僕のやったダイエット方法は、おそらくカロリー制限ダイエットと呼ばれる類のものです。カロリーを減らすのに効果的なのは炭水化物を減らすことなので、糖質制限的な面もあったと思います。

実際にやったことは、600kcal以内で収まるようにお昼ごはんのカロリー計算をしながら食材を選んだことだけです。

途中から、お昼のタンパク質が20g以上になるように意識をし始めましたが、それ以外には栄養バランスも気にしていませんでした。1日トータルの消費カロリーや摂取カロリーを測ろうとしたり、計算しようとしたこともありません。

シンプルな方法です。お昼は600kcal以内という、ルールひとつだけのダイエット。これが続けやすい理由になっていると思います。

まとめると、お昼の食べ方を変えて2週間同じタイミングで体重を測り続けたところ、1.4kg体重が減ったので、続けていたら目標体重まで減量することができました。


「シボヘール」>>詳しくはこちら

しかし、早々にダイエット方法には確信をもてたのですが、3月18日に体重70.5kgで計算上の体脂肪が16.9kgとなっています。

家庭用の体脂肪計を使っているので、数字は参考程度と思っていたのですが、体重が2.5kg減ったのに体脂肪が500g増えました。この結果は、ジリジリと筋肉が減っていることを示しています。

筋肉が落ちて太りやすいカラダになることが、ダイエット後にリバウンドしやすい理由だとは色んなところで目にしましたので、これはさすがに焦りました。

そこで、体脂肪を減らす方法を重点的に探すようになりました。

ただし、運動はしないことが条件でした。続かないのはわかっているし、続けられないことを取り込んだら、リバウンドする理由をわざわざつくるようなものだ、と思っていたからです。

そんなときに、たまたまテレビで見たのが、海藻の一種のギバサでした。地方によってはアカモクとも呼ばれます。たしかNHKの「あさイチ!」だったと思いますが、花粉症改善や内臓脂肪を減らすスーパーフードと紹介していました。

でも、僕にとってギバサは簡単に摂れるものではなかったので、これを機に食べてダイエットになる食材を探し始めました。まさか食べて痩せる食材があるとは思っていなかったので、それまでは探しもしていなかったのですね。

それで知ったのが「葛の花由来イソフラボン」です。機能性表示食品の機能性関与成分として、科学的根拠も示されていました。

仕事絡みで医薬品開発の研究現場を見たり、研究者の人たちとのつきあいもあったので、科学的根拠として示された研究データがどれほどのお金や労力をかけたものかは、何となく想像ができました。

土地勘が少しある、という感覚ですね。

それで、なんとか体脂肪を減らしたいと思っていた僕は、「葛の花由来イソフラボン」のサプリメントを摂ることにしました。

シボヘールを選んだのは、数ある葛の花由来イソフラボンのサプリの中で、一番コスパが良さそうだったからです。


「シボヘール」>>詳しくはこちら

シボヘールに効果はあるのか

シボヘールに体脂肪を減らす効果があったかといわれると、正直わかりません。

ダイエット中にシボヘールを7ヶ月摂り続けていたし、はじめたキッカケは体重が減っているのに体脂肪が増えたようにみえたことでした。

だから、そういう効果を期待して摂っていたことは間違いありません。

でも、シボヘールを取らなくても体重は減らせたと思います。ダイエットできたのがシボヘールのおかげということはありません。うまくいったのは、日々のカロリー収支を平均してアンダーカロリーにしていたからです。

だいたい、自分がシボヘールを摂らなかったら体脂肪がどうなっていたかを知る術はないので、効果の有無を比較することができません。

だから効果があるとは言えないし、効果なしともいえないのです。

でも、機能性関与成分の科学的根拠としている研究レビューには、以下のように書かれています。

考察

主として 22.0~42.0 mg/日の PFIF の経口摂取により腹部総脂肪面積、腹部内臓脂肪面積、腹部皮下脂肪面積、体重、胴囲、腰囲はいずれも減少した。また、安全性の問題は認められなかった。これらの結果は PFIF が腹部脂肪、体重、胴囲並びに腰囲を低下させることを示唆する。

【限界】本研究は以下の限界を有する

出版バイアスは検出されず、いずれも信頼性の高いプラセボ比較 RCT ではあったが、研究計画は事前登録されておらず、利益相反の問題も存在するため、バイアスの混入は否定できない。

摂取期間が最長でも 12 週であるため、これ以上継続摂取した際の影響は
不明である。

安全性については、サンプルサイズ、期間ともに十分とは言えないので別
の切り口で評価が必要である。

出展:機能性関与成分「葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)」による「腹部脂肪面積、体重、胴囲や腰囲に及ぼす影響」に関するシステマテック・レビューおよびメタアナリシス

PFIFとは「葛の花由来イソフラボン」のことですね。

このレビューは、科学的根拠を評価するとともにその限界も示すものです。カバーしている研究には、100人を対象にした二重盲検試験もあります。これは医薬品の開発でも、効果効能を測る目的で導入される方法です。

その試験もふくめた評価が「PFIF が腹部脂肪、体重、胴囲並びに腰囲を低下させることを示唆する。」ということなので、僕はかなり信頼できるデータだと思っています。


「シボヘール」>>詳しくはこちら

シボヘールの購入を最安値でする方法

シボヘールは、公式サイトから購入するのが最安値になります。

シボヘールは市販されていないため、街のドラッグストアやコンビニ、スーパーなどでは購入できません。

販売店はネットショップ限定です。アマゾン、ヤフーショッピング、楽天市場には販売店がいくつもあります。

ただ、大手通販サイトのお店では「らくらく定期便」が申し込めないんですね。

「らくらく定期便」送料無料で、初回の約1ヶ月分のパッケージに割引価格が適用されます。これは大手通販サイトのお店ではできない価格設定です。

定期便といっても2回目以降いつでも休止・解約ができるので、ネット通販にありがちな何回縛りという、結局お金がかかる販売方法はとっていません。

どうせシボヘールをお試しするなら、最安値で継続購入もできる公式サイトからどうぞ!


「シボヘール」>>詳しくはこちら

まとめ

僕は、おにぎり一個分を毎日アンダーカロリーにして、7ヶ月で6kgの減量に成功しました。

つらい方法でダイエットをしていないので、1年以上たった今でもリバウンドせずに苦もなく体重を維持しています。

ダイエット期間中にシボヘールも摂っていました。もし友達が体脂肪や内臓脂肪を減らしたいけれど、何かいい方法を知らない?と相談してきたら、たぶんシボヘールを紹介すると思います。

とりあえず3ヶ月ぐらい試してみたら?

と。


「シボヘール」>>詳しくはこちら

この記事はお役にたてましたか?

あなたのお役にたてたとしたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです(^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする