ワールドカップロシア大会開幕 日本代表のスタメン予想と試合日程

ワールドカップロシア大会が開幕しました。日本代表チームは直前の監督交代で大丈夫か?と疑問を投げられています。

でも、直前がボロボロだった2010年の南アフリカ大会では、素晴らしいプレーを続けてベスト16に入りました。1年前のコンフェデ大会や直前のフレンドリーマッチがよかった2014年のブラジル大会は、本番でまったくふるいませんでした。

だから、今回はいい結果を出してくれるのではないかと期待しています。寝不足になる1ヶ月がはじまりました!!

スポンサーリンク

ワールドカップロシア大会開幕!

ワールドカップロシア大会がきのう開幕しました!

世界最大規模のスポーツイベントは、7月15日の決勝戦まで約1ヶ月にわたって開催されます。

開幕戦は、開催国のロシア代表とサウジアラビア代表の一戦でした。

ワールドカップの開幕戦は堅い試合になることが多く、往々にして無得点の引き分けや1対0というスコアになるのですが、ロシア大会は開催国が5対0で圧勝するという、ど派手なゲームからはじまりました。

気温17℃で晴れという、サッカーをするには抜群の気象条件のもとで地元の大声援にも励まされて、ロシアの選手は身体がよく動いていました。

怪我で前半早々にメンバー交代を強いられる、という不運を感じさせない出来を見せたロシアチームに対して、サウジ代表が相手ゴールを脅かすシーンは、ほとんどなかったと思います。

ロシア代表は、サッカー強国度のものさしになっているFIFAランキング70位と、大会の参加32か国中最下位でしたが、きのうの試合に限れば、下から2番めで67位のサウジアラビアには為す術がありませんでした。

伸び伸びと生き生きとサッカーしていたロシア代表チームとは対象的に、サウジアラビア代表はかなり固く、個々の選手のミスも目立ちました。完全アウェーの雰囲気に飲まれてしまったのかもしれませんね。

2002年日韓大会のときの日本代表や韓国代表チームもそうでしたが、開催国には特別な力が宿るようにみえます。今大会、ロシアはかなりよい成績をおさめるのではないでしょうか。

この時期のロシアは気象条件がいいので、選手たちはよく走れるし身体も動くでしょう。試合後半でもガス欠にならず、激しくプレーできそうなので、ロシア代表に限らずどこのチームもプレーはしやすいと思います。古い話ですが、炎天下で行われた1994年のアメリカ大会なんて、サッカーの試合というよりもサウナの中でガマン大会をしているようでした。

ロシア大会は、スペクタクルな試合が増えそうで楽しみです。

ところで、アジア代表のサウジアラビアが完膚なきまでに叩きのめされたことは、ランキングが61位で参加チーム中下から3番目の日本代表チームにはいいことでした。

日本が予選リーグを戦うコロンビア、セネガル、ポーランドは、確実に勝ち点3を稼げるお客さんとして日本をみているので、サウジがグダグダだったことは幸いでした。少なくとも、この上から目線の見方を修正するきっかけにはならないでしょうからね。

とくに初戦の相手コロンビアがアジアは弱いとナメてくれれば、今は僅かな勝機でも、日本がつけ入るスキが出てくるかもしれません。

ワールドカップ日本代表のスタメン予想

ワールドカップ日本代表の初戦は、6月19日のコロンビア戦です。

多くの名のあるサッカー解説者がコロンビア戦のスタメン予想をしている中で、僕のような素人がスタメン予想を書くなんておこがましいのですが、単純にサッカーファンとして代表チームの動静をメディアで追っかけながらメンバー予想をする時間が楽しいので、ここに載せておきます。

多くのメディアは有名なコピー「絶対に負けられない戦いが、そこにはある」というスタンスで論評していますが、残念だけれど日本代表は下から3番目、出場チーム中30番目のFIFAランキングです。

ロシアに地の利があることを考えると、たぶんサウジアラビアしか下にいません。だから、予選リーグ3戦の結果は、順当なら3連敗です。どうやって負けを引き分けに持ち込むか、というのが現実的な課題です。

ワールドカップはベスト4に残ると1ヶ月で7試合プレーすることになるので、強いチーム、優勝候補とよばれるチームは、コンデイションのピークを後半にもっていこうとします。

たとえば1982年スペイン大会で優勝したイタリアは、1次予選は3分けでギリギリ2次予選に抜けてきたチームでした。記憶に新しい2010年南アフリカ大会の優勝国スペインは、初戦をスイスに敗れて落としています。

コロンビアも優勝を狙うチームですから、最初から100%の力を出すコンディションにはなっていないと思います。日本代表は初戦のコロンビア戦にピークをあわせて、コンディションのズレになんとか活路を見出す、という作戦になるでしょう。

ただ、ロシアの気候だと多少コンディションが上がっていなくてもプレーできますから、コンディションの差は、あまり日本代表に効果をもたらしてくれないかもしれません。サウジアラビアが完敗したことは、もしかするとコロンビアチームの油断を招いて、日本に有利になるかもしれません。

日本に勝ってほしいとは思うのですが、負け試合を3つどうやって引き分け以上に持ち込むか、という視点で見るのも一興です、引き分けに持ち込めそうになると、相手に焦りが出ます。日本は勝ち点3の供給元になるはずだからです。

予定調和の世界が狂ったときに、勝ちが転がり込んでくるのを楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク

僕のスタメン予想は下記のとおりです。

FW      岡崎

MF   乾  香川  武藤
     柴崎  長谷部

DF 長友 植田 吉田 酒井宏

GK       中村

前の4人は、西野朗新監督になってはじめて得点して、はじめて勝利した12日のパラグアイ戦と同じです。怪我の影響があった乾、岡崎と香川は、この試合ではかなりコンディションが上がっていました。

コンディションが整えば、岡崎は弱者として戦うワールドカップの日本代表には欠かせない、と僕は思います。

岡崎が所属するレスターは、イングランドプレミアリーグの中では弱者です。ワールドカップの日本代表と、立ち位置が同じ。2シーズン前には、弱者のサッカーのままで優勝までしてしまいました。

そんなレスターを象徴する存在になっている岡崎は、使うポジションが所属チームとは若干ちがうのですけれど、やっぱり外せません。弱者のサッカーで戦わざるをえない日本代表には、岡崎選手のプレースタイルがマッチしています。

岡崎のライバルの大迫選手が所属していた1FCケルンは、昨シーズンのドイツ・ブンデスリーガでは最下位で早々に2部落ちが決まってしまいました。今の大迫は、たぶんあまりついていません。だから岡崎が出られるコンディションなら、岡崎でいきたいのです。

2列目のMFは左から乾、香川、武藤です。

左はパラグアイ戦の結果で、乾一択でしょう。対抗馬の宇佐美は残念ながら攻守両面で乾のレベルにはありません。

真ん中は、西野監督になってから香川か本田かという二者択一になって、メディアがやたらと書きたがるトピックになっていますが、乾との相性で香川かな、と思います。

香川自身も、2月に怪我するまでは所属のドルトムントでずっと先発して絶好調でしたが、パラグアイ戦ではだいぶ戻ってきたようにみえました。

本田もメキシコの高地でプレーしてきて、コンディションがとても良さそうなのですが、乾とのコンビネーションを考えると、セレッソ大阪で長くいっしょにプレーしていた香川と組ませた方が何か起こしそうでワクワクします。

右の武藤は、ドイツ・ブンデスリーガで残留争いに巻き込まれていた所属チームのマインツを、自身のゴールで最終節に残留させたという痺れるシーズンを送りました。終盤にかけては絶好調で、キャリアハイの得点もあげたし、ここぞというときに得点しています。何しろ、弱者のサッカーでチームを残留させた結果を残しています。

同じポジションを争う原口元気もいいのですが、今の武藤は何か持っていそうなので、コロンビア戦は武藤に賭けてみたいという感じです。

ボランチの二枚は、ふだんから外国人と対峙しているという理由で、柴崎とキャプテンの長谷部を選びました。

柴崎はパラグアイ戦でミスもあったのですが、まったく気にする素振りをみせず、まるで上空から俯瞰しているようなビジョンをもって鋭いパスを前につけていました。心臓の強さと、相手選手に圧力をかけられても動じない技術力を見せつけた感じで、西野監督の中でもパラグアイ戦では大島との序列が入れ替わったのではないかと思います。

大島は本当にいい選手だと思いますが、まだ外国人選手との間合いに慣れていないような気がします。1試合に1、2回はまずいボールの失い方をするので、ちょっと怖いんですよね。早くヨーロッパに移籍して、世界基準に慣れるとかなりいい感じになると思うんですけれど。。。

山口と長谷部は、純粋なディフェンス力やマンツーマンで誰かを密着マークするなら山口ですが、ときどきとんでもないミスをするのと、やっぱり欧州での長年の経験を買って長谷部先発です。

DFは左の長友とCBの吉田は、怪我がない限り不動です。右はコンディションが整えば酒井宏ですね。酒井宏が使えないときは、消去法で酒井高徳ですが、高徳は右で出るとほぼ致命傷になるミスをするので、酒井宏が出られることを祈っています。

吉田とコンビを組むCBは、身体能力の高さで植田を使って欲しいなぁ、という願望も込みで推しています。順当なのは槙野ですが、絶対にゴール前でファールするからなぁ。。。

GKはこれまで川島には何度も救われてきたのですが、ここ数試合があまりに不安定なので外します。中村と東口は、単に若いから中村ですね。まぁ、GKはGKコーチに聞かないとわかりません(笑)

交代枠は3ですが、どんな展開であれぜんぶ使い切ってほしいと思います。岡崎は60分過ぎたらかなり消耗しますから、大迫と交代するか原口を右に入れて武藤をFWにあげる感じです。

あとは得点失点の状況で、どこを入れ替えるかは流動的になると思います。守備固めでメンバー交代できる展開だとうれしいのですけれどね~

ワールドカップ日本代表の試合日程

ワールドカップの日本代表の試合日程は、日本時間ベースで以下のとおりです。LIVEのテレビ放送も載せておきます。

  • 6月19日午後  9時 コロンビア戦 NHK
  • 6月25日午前  0時 セネガル戦  日本テレビ、NHKBS
  • 6月28日午後11時 ポーランド戦 フジテレビ

まとめ

サッカー日本代表のワールドカップロシア大会初戦、コロンビア戦のスタメン予想をしました。

でも本当は、誰が出てもいいから勝ってくれー!!

と思っています。

大番狂わせ、ジャイアントキリングを見せてほしいですね~

楽しみですwww

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする