扶養の意味がわからない?入る入らないの基準とか損得計算とか

ひと言で扶養といっても、それが何を指すのか人によってちがうことがあります。それで話がかみ合わなかったり、いろいろごちゃ混ぜになって混乱したりします。

「扶養」のことがいまいちピンと来ない方のために、これさえ知っておけば扶養がわかるという大枠の話を書いてみました。

スポンサーリンク

扶養の意味がわからない?

まず押さえておきたいのは、扶養には所得税に関するもの、社会保険に関するもの、手当に関するもの、の3つがあることです。

扶養の話をするときは、3つのうちのどれについての話なのかを、はっきりさせておくことが大事です。扶養がわかりにくいとしたら、たいていは3つの話をごちゃ混ぜにしているからです。

で、扶養は3つあるということがわかったところで言葉の意味を辞書で引くと

自分の力だけでは生活を維持できない者に対する生活上の援助。

(出典:ブリタニカ国際大百科事典)

助け養うこと。生活できるように世話すること。

(出典:大辞泉 第三版)

となっています。

つまり、自力で生活できない人を助ける行為が扶養です。

二人以上の家族がいれば、多くの場合そこに扶養する人と扶養される人がいます。

家族構成はいろいろあるので一概にはいえませんが、いわゆる一家の大黒柱、一番お金を稼ぐ人が扶養する人で、世帯主になります。それ以外の家族は、扶養される人ですね。

扶養する人は、家族の生活がその両肩にかかってくるので大変です。

そこで社会的にサポートしましょう、という主旨で、世帯主には金銭的な「優遇措置」が適用されます。

所得税や社会保険や手当に関して「扶養」が出てきたら、この優遇措置に関する話をしています。

所得税法では、扶養される人の属性に応じて扶養控除、配偶者控除、配偶者特別控除などの優遇措置があり、扶養する人の所得税が安くなります。

社会保険では、扶養される人は掛金を払わずに健康保険が使えて、年金を積み立てることができます。

勤め先や自治体の手当は、扶養される人の数、年齢、生活の状況に応じて、扶養する人がお金を受け取ります。

スポンサーリンク

扶養に入る入らないの基準は

扶養に入るというのは、扶養される人になる、という意味です。その結果、世帯主が金銭的な優遇措置を受けることができます。

扶養に入る条件、入らない条件は、所得税の基準、社会保険の基準、手当を出す組織の基準がそれぞれにあります。基準が適用されるタイミングもそれぞれです。

その人の意思に関わりなく、基準を満たせば扶養に入るし、基準から外れると入れません。

扶養に入る人は「自力で生活できない人」ですから、その人が一定以上の収入や所得を稼げるようになると、基準から外れます。

「所得という言葉がわかるようなわからないような。。。」という方は、こちらの記事も読んでみて下さい。できるだけわかりやすく書いてみました。

関連記事>>>所得税の計算方法を簡単に説明 合計所得金額と控除額の計算

また世帯主に一定以上の所得があると、扶養するのがそこまで負担ではなかろうということで、所得税は優遇措置の適用がなくなります。自治体から支給される各種の手当も、一定以上の所得がある世帯主には適用されないものがあります。

収入が多い世帯は、実態はともかくとして家計に余裕があるだろうということで、扶養に関する優遇措置があまりありません。扶養に入るか入らないか、という問いには無縁の存在です。

「国民健康保険」にも、扶養に関する優遇措置はありません。国民健康保険の加入世帯が金持ちだからというわけではないのですが、国民健康保険の加入世帯では「社会保険の扶養に入るか入らないか」という問題に悩まされることはありません。

扶養の損得計算

扶養の損得計算は、優遇措置のあるなしで考えると簡単です。

今受けている扶養の優遇措置で、いくら得しているのかわかるでしょうか。

計算ができる方は算出してみて下さい。その算出金額が、扶養から外れたときに損する金額です。

ただしこの方法だと、社会保険の扶養から外れたときの損はわかりません。扶養される人の社会保険は無料ですからね。

社会保険の場合は、自分で社会保険に加入するといくらかかるか計算しましょう。その金額が、扶養を外れたら負担する金額です。つまり、その金額分だけ損することになります。

扶養内でいること、扶養を外れることの損得を、こちらの記事に書いてみました。ご興味のある方は、ぜひお読み下さい!

関連記事>>>パートは扶養内でいくらまで? 勤務時間は? 扶養手当の基準にも注意

扶養の優遇措置がなくなることによる目先の損だけに目を向けていると、家計全体の収入が増やせる可能性を見落としているかもしれません。

収入が増やせる可能性を感じているのなら、扶養から外れるという選択もありだと思います。優遇されていた分のマイナスが埋められれば、あとは家計の収入が増えるだけですからね♪

※ 収入がいくらになれば、扶養を外れても手取りが増やせるかを具体的に知りたい方は、こちらの記事も参考になると思います。ぜひお読み下さい。

関連記事>>>扶養を外れる損得 主婦の収入の壁とは何か 損益分岐点はいくらか

まとめ

扶養がわかりにくいのは、3つのちがう制度に同じ「扶養」という言葉が使われるからではないかと思っています。どの扶養についての話かがわかっていると、混乱しないで済みそうだと思って、この記事を書きました。

扶養の話のときは「どの扶養?」と頭の隅で一瞬考えてから、話を聞いてみて下さい。

この記事が、頭の整理の役にたてば幸いです。

当ブログの扶養に関連する記事の一覧は、こちらからどうぞ
>>>扶養、扶養控除、扶養家族に関する記事の一覧

この記事はお役にたてましたか?

あなたのお役にたてたとしたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです(^^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする