パートで扶養を外れるタイミングと手続き 健康保険はどうなる

パートで働いて扶養から外れることになると、どんなタイミングで外れると損をしないか気にかかる人もいるようです。

結論から書くと、扶養を外れるタイミングは選べませんが、タイミングによって損得があるわけでもありません。

ただ、ルールを知っておかないと、扶養を外れることになっているのに気付かないで、わかったときにあとからまとまったお金が必要になることもあるので、扶養を外れるときのルールを理解しておきましょう。

スポンサーリンク

パートで扶養を外れるタイミングはいつになるか?

扶養を外れるタイミングは選べないと書きましたが、それはあなたが扶養に入っていられる要件を満たせなくなったときには、すぐに被扶養者の資格を喪失することになるからです。

社会保険の被扶養者は

  1. 年収が130万円超の見込みになったとき
  2. 自分が社会保険に加入することになったとき

に、資格を喪失します。

だから1か2に該当することになったときが、扶養を外れるタイミングとなります。

あなたがどちらかに該当することになったら、速やかに旦那さんの加入している社会保険に、被扶養者資格喪失の旨を申し出ないといけません。

上記1については「年収が130万円超の見込みになる」ということが、具体的にどの状況をいうのかは各社会保険にそれぞれの基準があります。

基本的には月額の収入で判断されるので、130万円の12分の1、月額108,333円超が目安になりますが、それが一度でもあれば資格喪失となるのか、3ヶ月連続で108,333円超にならなければいいのか、あるいは3ヶ月平均が月額108,333円超になると基準超えとなるのかは、それぞれの社会保険が判断します。

また、1年先までの見込みが判断の基準になるので、パートの雇用契約で130万円超と見込めるのであれば、実際に130万円を超えたときではなく、契約開始の時点で資格喪失の要件に該当することになります。

上記2については、あなたのパート先が社会保険適用事業所の場合、働き方次第であなたがパート先の社会保険に加入することになります。パート先の社会保険で被保険者になれば、旦那さんの方の社会保険では、被扶養者の資格喪失となります。

「被保険者になるとき」というのは、具体的には雇用契約開始の日ですね。だから、あなたがパート先で仕事を始める日の前日が資格喪失のタイミングになります。

パート先で社会保険の被保険者になるのは、次の2通りのケースがあります。

1.以下の5つの要件をすべて満たす

  • 勤め先の従業員数が501人以上
  • 1週間あたりの所定労働時間が20時間以上
  • 雇用期間が1年以上の予定
  • 学生ではない(夜間・定時制は除く)
  • 月額給与88,000円以上

2.以下の2つの要件をすべて満たす

  • 1日または1週間の所定労働時間と1か月の所定労働日数が、同じ事業所で同じ業務を行っている正社員などの4分の3以上
  • 契約期間が2か月を超える

扶養を外れるときの手続きはどうすればいいか?

社会保険の扶養を外れるときに、特段の手続きはありません。旦那さんが勤務先に申し出れば、あとは勝手に手続きが進められることになるでしょう。

旦那さんは勤務先の指示で、何か書類を書かされることになるでしょうけれど、あなたが何か手続きをすることはありません。ただ、健康保険証だけは提出しないといけませんね。

スポンサーリンク

扶養を外れると健康保険はどうなるか?

扶養を外れると健康保険証がなくなります。国民年金の第3号被保険者でもなくなります。だからそのままだと、お医者さんにいって健康保険が使えないし、年金の掛金を支払うことができません。

そこで、あなたは自分で健康保険と年金に加入する必要があります。

被扶養者の資格喪失の理由が、あなたのパート先で社会保険に加入することだった場合は、健康保険証は加入先の社会保険で支給されます。でも、収入が130万円超の見込みになったために扶養を外れるときは、あなたがパート先で社会保険に加入できるとは限りません。

社会保険に加入できないときは、居住地の市区町村役場にいって、国民健康保険と国民年金の加入手続きをする必要があります。

国民健康保険に加入するときは「健康保険資格喪失証明書」が必要になります。これは旦那さんが加入している社会保険で発行するものなので、あなたが扶養を外れることを旦那さんが勤務先に申し出るときに、あわせて証明書の発行もお願いして下さい。

まとめ

扶養から外れるタイミングによって、損したり得したりすることはありません。ただし、間違って加入している期間が長いと、あとで精算するときの手続きは面倒ですし、場合によってはまとまった支払いをする必要もあるので大変です。

だから、扶養を外れなければいけない要件に該当したら、できるだけ早く旦那さんの加入している社会保険の事務局に申し出て下さい。

ということで、扶養を外れるタイミングを意図してどうこうすることはできませんが、扶養を外れるかどうかは事前によ~く考えたほうがいいと思います。というのは扶養を外れると、パート収入を増やしたのに手取りが減るという働き損になる収入の金額が、一定の幅であるからです。

この働き損になる収入の幅は、成り行きまかせで扶養を外れてしまうと埋めるのが難しいほどの厚みをもっていますので、扶養を外れるかどうかは慎重に考えて下さいね。

働き損にならない収入がいくらになるのかについては、こちらの記事で詳しく考えてみましたので、興味のある方はぜひお読み下さい。

関連記事>>>扶養を外れる損得 主婦の収入の壁とは何か 損益分岐点はいくらか

当ブログの扶養に関連する記事の一覧は、こちらからどうぞ
>>>扶養、扶養控除、扶養家族に関する記事の一覧

この記事はお役にたてましたか?

あなたのお役にたてたとしたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです(^^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする