ふるさと納税が年末でも間に合う!駆け込みにオススメのサイト

いまからふるさと納税をして、今年の寄付金控除に間に合うようにするにはどうすればいいか?

何かとバタバタして忙しい年末ですが、手短に書いておきましたので、忙しい方はぜひご一読下さい。

スポンサーリンク

ふるさと納税が年末でも間に合うか?

ふるさと納税の寄附金は、12月31日までの寄附がその年の税金から寄付金控除を受けられることに、法律ではなっています。

でも「12月31日まで」という意味は、自治体が寄附金と認定する事務手続き込みの「12月31日まで」なので、寄附した日時が12月中でも寄附を受ける自治体で手続きが進まなければ、翌年の寄附金扱いになってしまいます。

官公庁は今日が仕事納めの日ですから、ふるさと納税の事務手続きを自分たちでやっている自治体だと、年内の寄附金の受付はもうおわっているでしょう。

だから、年末ぎりぎりの寄附でも寄付金控除が間に合うようにするには、事務手続きを外注して自分たちではやっていない自治体を探して寄附しないといけません。

スポンサーリンク

ふるさと納税を駆け込みでするのにオススメのサイト

そこで、いまから駆け込みのふるさと納税をするのなら、オススメのサイトは「さとふる」一択です。

オススメする理由は

  1. ウェブ上の寄附手続きが完了したら寄付金控除が確定するから
  2. 300以上の自治体が掲載されているので、いろいろな返礼品が選べるから

要するに、短時間でサッと寄附金手続きを済ませて、確実に寄附金控除を受けたい人に「さとふる」がオススメです。

掲載されている自治体はすべて、寄附金受付の事務を「さとふる」に委託しています。だから、ウェブ上で寄附手続きが完了すれば、その時点で今年の寄付金控除が確定します。

決済はクレジットカード、ソフトバンクまとめて支払い、auかんたん決済、d払い(ドコモ払い)、ペイジー(Pay-easy)、コンビニ支払いの6通りから選べます。

コンビニ支払いを選んだ場合は、コンビニでお金を支払った日時が寄附金の受付になりますが、他の決済方法を選択したときは、サイト上で手続きが完了した時点で、寄附金も認識されます。

極端な話、大晦日の紅白歌合戦が終わって「ゆく年くる年」が流れているときに寄附をしても「さとふる」なら間に合うということです。

ただ、ネット回線が不具合を起こしていたりすると決済できなくなるので、あまりギリギリにはならないようにした方がいいとは思います。

 ペイジー(Pay-easy)はゆうちょ銀行や一部の地方銀行でシステムメンテナンスが年末に重なっているため、寄附日が翌年にずれ込む可能性があります。くわしくはペイジーのウェブサイトでご確認下さい。

>>>ペイジー;日本マルチペイメントネットワーク運営機構

「さとふる」のようなふるさと納税のポータルサイトはいくつもありますけれど、どの自治体にも同じ手続きで寄附できるサイトの中では、僕の知るかぎり「さとふる」は最多の自治体を掲載しています。

「Wowma!ふるさと納税」でも、年末は大晦日の12月31日まで寄附することができるようになっていました。決済方法はクレジットカードかauかんたん決済になります。WALLETポイントやWow!スーパーポイントも寄附に使えます。(2018年12月14日追記)

>>>ふるさと納税なら「wowma!ふるさと納税」

年末で大掃除もしないといけない、年末年始の食材の買い出しもしておかないといけない。あぁ、年賀状もこれからだー!バタバタですわぁ。。。

という人は多いと思います。

忙しいなら、「さとふる」の寄附先人気ランキングで上から順に寄附していけば、間違いないです。モノを選ぶのに悩む時間もいりません。

ここからランキング上位がご覧になれます。
>>>旬の人気特産品ランキング

まとめ

年も押し詰まってから駆け込みでふるさと納税をするなら、オススメするふるさと納税ポータルサイトは「さとふる」一択です。

※ 「Wowma!ふるさと納税」でも行けます!( ・`ω・´)キリッ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする