寒中見舞いをテンプレートを無料で使ってワードで作成する方法

寒中見舞いを書くのには、テンプレートを使うと簡単です。

ワードを使って無料のテンプレートで寒中見舞いを作成する方法を図解しました。

スポンサーリンク

寒中見舞いのテンプレートを無料で手に入れる

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで「寒中見舞い テンプレート」と検索すると、多くのサイトが出てきます。

フォーマルで堅めのものからカジュアルなものまで、いろいろなデザインと文面のテンプレートがあります。無料で使わせてもらえるものでも、数百のデザインがありますから、選ぶのにもちょっと迷ってしまうかもしれません。

デザインの数が多いサイトは、無料でテンプレートが使えても、会員登録しないといけないところが多いように思います。会員になると、そのあと毎日メルマガが来たりするので、けっこう鬱陶しかったりします。

まぁ、素晴らしいデザインのテンプレートが無料なので、そのくらいは我慢すべきなのかもしれませんが、ここでは会員登録なしでテンプレートが無料ダウンロードできるサイトを、3つご紹介します。

郵便局
郵便年賀.jp

キャノン
Creative Park

ブラザー
Print Terrace

会員登録が必要なサイトと比べると、デザインの数などは少なめですが、これでも十分に使えると思います。

スポンサーリンク

寒中見舞いをワードで作成する方法

ワードにテンプレートを貼り付けると、簡単に綺麗なデザインの寒中見舞いが作成できます。

その手順をご紹介します。

まず、テンプレートをダウンロードします。

今回は「郵便年賀.jp」からテンプレートをお借りします。
郵便年賀.jp

サイトにアクセスして、ひとつデザインを選びクリックします。

今回はふくろうのデザインにしました。これをダウンロードします。

赤いダウンロードボタンを押すと、ZIPファイルの保存場所を聞いてきますので、適当な場所に保存します。

次にワードを開いて、基本的な設定をします。

ワードの新規作成画面です。

今回のテンプレートは縦書きなので、それに合わせてレイアウトを決めていきます。

ページレイアウトのタブを開いて、文字を縦書きにします。

印刷の向きも縦に変更します。

サイズははがきサイズを選びます。

余白はとりあえず「狭い」に設定しますが、あとで修正することになります。

ページレイアウトを決めたら、差出人の住所氏名を書いておきます。

字体とサイズもとりあえずのものにしておきましょう。ファイルに名前をつけて保存します。

これでワードの設定はひとまず完了です。

次に、保存しておいたZIPファイルを開いて

テンプレートの.pngファイルをつかんで、ワードにドラッグ&ドロップします。

すると、ワードの画面がこうなります。

テンプレートと住所氏名が別ページになっています。

そこでこれを重ねるために、テンプレート上にマウスを持ってきて右クリックして「図の書式設定(I)…」を選択します。

すると「図の書式設定」ウィンドウが開くので「背面(B)」を選ぶと

テンプレートの上に住所氏名が重なって見えるようになりました。

テンプレートのサイズをはがきサイズにあわせます。

住所氏名の位置をもう少し外側にもっていきたいので、余白をもう一度編集します。「ユーザー設定の余白(A)…」を選んで

左右の余白を0mmとします。

すると住所の位置が右に寄りすぎるので、適当に改行して左の端にくるように調整します。改行をするとテンプレートの位置もずれてしまうことがあるので、住所氏名の位置を決めたあとに、テンプレートの位置も調整して下さい。

すると、このようになります。

あとは住所氏名を、テンプレートの文体にあわせて、書体やサイズがいい感じになるように調整して下さい。

この例では書体をテンプレートの書体に似ている「正調禅南行書体」にしました。文字のサイズは郵便番号が8、住所が9で、差出人の氏名は14にしています。

まとめ

ワードのページレイアウトは、使うテンプレートにあわせて適宜変更して下さい。

ワードを使うと宛名印刷や名簿管理もできてしまいます。具体的なやり方はこちらの記事で詳しく書きましたので、興味のある方はぜひお読み下さいね!
関連記事>>>年賀状の宛名印刷をワードで。連名でも文字数に関わらず連続印刷!

また、テンプレートと一緒に写真も入れる方法をこちらで書いています。あわせて御覧下さい。
関連記事>>>年賀状をワードで作成!写真を入れるのにテンプレートが使える!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする