金華さばは石巻で水揚げされる マツコが絶賛 ふるさと納税でもらえます

幻のさばとも呼ばれる「金華さば」。

マツコ・デラックスさんが「月曜から夜ふかし」や「マツコの知らない世界」で絶賛した、希少な食材です。

その「金華さば」が、ふるさと納税の御礼の品としていただけます!

スポンサーリンク

金華さばは石巻で水揚げされる

「金華さば」は、石巻漁港で揚がるマサバの中でも、特に大型で脂のりと鮮度が良いもののみに与えられる称号です。

宮城県石巻市の牡鹿半島の先にある「金華山」の沖合は、秋になると南から上ってくる黒潮と北から南下する親潮とが出合う潮目になって、世界でも有数の漁場になります。

マサバはマグロなどと同様の回遊魚です。ふつうは海の中を泳ぎ回ってエサを獲ります。

でもプランクトンが豊富な海では回遊しないでエサを食べることができるので、マサバの脂のりが良くなるのだそうです。

石巻魚市場で「金華さば」と認証されるのは、南三陸沖で水揚げされるマサバの中で、定置網、一本釣、巻き網漁で獲れた、概ね500g以上で脂のりと鮮度が抜群のものだけです。

「金華さば」は、認証シールとシリアルナンバーを付けて出荷されます。大きなものだと1kgを超えるそうですが、金額も2~3万円になるとか。

「金華さば」になれるのは、石巻魚市場に揚がるマサバの漁獲量のうち1割ほどしかないそうです。かなり狭き門ということですね。

マツコが絶賛した

その「金華さば」ですが、たまたまなのか意図があるのか、2日連続でマツコ・デラックスさんのテレビ番組で取り上げられました。12月4日(月)は日本テレビ系の「月曜から夜ふかし」、翌5日(火)はTBS系の「マツコの知らない世界」です。

夜ふかしでは、塩焼き、味噌煮、しめ鯖で、知らない世界ではサバ缶で、「金華さば」をマツコさんが堪能していました。

マツコさんはテレビでも忖度せずに、正直なことを話しているように感じます。コメントが面白いので、この2つに限らずマツコさんの番組はよく見ているのですが、2日連続でマツコさんが「金華さば」を絶賛しているのを見てしまうと、食べてみたくなるのは人情ですw

不思議ですけれど、マツコさんが「おいしい」というと、掛け値なしにきっとおいしいのだろうと思ってしまいます。

金華さばはふるさと納税でもらえます

とはいっても、他のサバとならんでいると、希少な「金華さば」はけっこうなお値段になりますから、なかなか気軽に食すわけにもいきません。

そこでふるさと納税です。

「金華さば」の地元石巻市のふるさと納税では、御礼の品に当然ながら「金華さば」があります。

石巻から海の幸「金華プラチナ鯖」詰合せ
石巻から海の幸「金華プラチナ鯖」詰合せ

この詰め合わせは、もう「金華さば」尽くしです。塩焼きもお刺身も煮付けも、マツコさんが食したものが全部いただけます!

スポンサーリンク

他にも「金華さば」を含めて石巻の海の幸を詰め込んだ返礼品が、石巻市にはいろいろあります。

>>>宮城県石巻市の御礼の品を全部みてみる

石巻市のふるさと納税は楽天市場でも扱っています。こちらで申し込むと楽天ポイントが寄附に利用できますから、楽天ポイントをたくさん持っている方は、楽天市場のふるさと納税がいいかもしれません。

>>>【楽天ふるさと納税】宮城県石巻市

「マツコの知らない世界」で紹介されたサバ缶は、宮城県大衡村のふるさと納税で御礼の品がありました!

ふるさと納税 金華さば 大衡村
金華さば缶詰 5缶

品切れになっていたら、ごめんなさい。

もしかするとマツコ効果かもしれませんが、けっこういい売れ行きのようです。

まとめ

ふるさと納税の返礼品。冬はカニがイチオシになりやすいのですが「金華さば」もいいですね!

マツコ絶賛というのは、安心しておすすめできますw

ふだんの買い物だと、気軽に買うのはちょっと躊躇ってしまうような日本各地の特産品や逸品も、ふるさと納税なら家計で無理せずに楽しめますから、ありがたいことです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする