加能ガニの値段はいくら?販売している場所や通販でのお取り寄せ価格は?

加能ガニ 値段 通販食材・グルメ
この記事は約10分で読めます。

加能ガニは石川県で水揚げされるオスのズワイガニで、加賀と能登から1字ずつとって2006年に名付けられたブランド蟹です。

栄養豊富な日本海で育つ加能ガニのたっぷり詰まった身は繊細な旨みが堪能でき、濃厚なミソは極上の味わいです。

加能ガニの目印は、市場への出荷時につけられる青いタグ。

石川県の冬を代表する味覚の加能ガニの値段はいくらするのでしょうか?通販でお取り寄せはできるのでしょうか?

加能ガニの値段はいくら?販売している直売所

加能ガニ値段はいくらするのでしょうか?

こちらが加能ガニです↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

瀬川あやか(@segawa_ayaka)がシェアした投稿

どんな蟹なのかがよくわかる投稿は、シンガーソングライターの瀬川あやかさん。

身の大きさが半端ないですね。

加能ガニは禁漁期間があり、毎年11月6日から翌年3月20日までが漁期です。

今シーズンの加能ガニは不漁気味で、鮮魚店での値段は1杯4,000円から3万5千円程度と、例年の2倍ほどになっているようです。

禁漁解禁直後の金沢港いきいき魚市の様子がこちら。

値札は4,000円からになっています。

目印の青いタグがありますね。

おそらく1㎏のサイズで1杯18,000円です。

金沢港いきいき魚市には、その日の朝、市場で競り落とされたばかりの新鮮な地魚が並びます。

仲卸や流通業者を介さないので、一般の人にとっては一番安く購入できる場所のひとつです。

豊かな自然に恵まれた石川県には、いくつもの好漁場があります。
「いきいき魚市」は目の前の金沢港はもとより、近港から水揚げされた地物の魚を中心に厳選して、お届けします。

出典:金沢港いきいき魚市紹介 https://ikiiki.or.jp/about

場所がわかりませんが、サイズの大きな加能ガニは4万6千円とか5万5千円とかになります。

観光地としてもお馴染みの金沢市の近江町市場では、1.66㎏の加能ガニが6万円でした。

羽咋市の富来漁港内にある鮮魚活魚直売所西海丸では1杯5,800円です。

サイズはどの位なのかな?

こちらは飲食店の仕入れ価格のようです。

1.99㎏という超ビッグサイズの加能ガニですね。

1杯20万円!!

ちなみに輝きというのは、後述しますが今シーズン導入された最高峰の加能ガニの新ブランドです。

こちらのお店昼どころ髙崎は、時価で加能ガニのお料理を提供しています。

加能ガニを買うには、金沢市の近江町市場や漁港内にある鮮魚店など、魚市場で競り落とされた鮮魚がそのまま販売される直売所に足を運ぶのがよさそうですね。

あと、解禁期間中の飲食店や旅館では、加能ガニの料理を出してくれるお店が多いはずです。

加能ガニとは?

加能ガニは、冬を代表する石川県のごちそうです。

地元の加賀と能登から1文字づつとって名付けられた加能ガニは、底曳き網漁で石川県内の主に橋立漁港、金沢港、富来漁港、輪島港、蛸島漁港に水揚げされるオスのズワイガニです。

加能ガニは資源管理のため、法令で漁獲量の上限を決め、甲羅のサイズが9cmに満たない個体は獲らず、禁漁期間が決められています。

混獲を避けるため、カニの保護区域を設定し、改良網を用いて禁漁期間にズワイガニが網に入らないように工夫されています。

解禁期間は、毎シーズン11月6日から翌年3月20日まで。

2021年のシーズンからは、加能ガニの最高峰として『輝(かがやき)』というプレミアブランドも投入されました。

加能ガニ 輝

『輝』に認定される条件はとてもきびしく、

  • 重量1.5㎏以上
  • 甲羅幅14.5cm以上
  • 全て脚がそろっている
  • 甲羅が硬く、身入りが良い
  • 鮮度の徹底(獲れた日をタグに記載)
  • 資源管理に積極的に取り組んでいる

をすべてクリアしなければなりません。

ふつうの加能ガニと輝の差は、見かけでもこれぐらいはあります。

輝メーターは、輝に認定された加能ガニの数を示しています。

この記事を書いている時点でも、輝に認定されたのはまだ7杯しかありません。

ご祝儀込みということもありますが、1杯目の輝の落札価格はなんと500万円でした!

第1号は重量1.88㎏、甲羅幅が15.6cmのサイズ。

落札したのは、百楽荘というお宿です。

輝につけるタグは七宝焼きでできています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

高岩信広(@nobuhiro_takaiwa)がシェアした投稿

高級感がありますね。

希少で貴重な輝は、鑑賞用になってしまった模様です(笑)

加能ガニを通販でお取り寄せ

加能ガニ通販でお取り寄せすることができます。

600g×2杯です。

サイズの大きなものならこちら。

1.2㎏が1杯です。

石川県羽咋市にふるさと納税をすると、加能ガニを返礼品に選べます。

34万円を寄附すると、1.3㎏クラスの加能ガニ3杯を冷蔵便でいただけます。

ふるさと納税は、実質2,000円の自己負担で日本全国の銘品逸品を届けてくれる最強のお取り寄せシステムです。

ふるさと納税をお考えであれば、加能ガニを返礼品に選んではいかがでしょうか?

「ふるさと納税って何だ?」という方は、こちらの記事が参考になると思います。

加能ガニの口コミ

おそらく加能ガニを実際食べているときは、無口になる人が多いと思います。

無言の時間こそカニの旨さの証だったりしますが、Twitterは音声メディアではないので、ここでは口コミを見ていきましょう。

加能ガニは、捌く前にお客様に丸ごと1杯を見ていただいて、お料理には青いタグも付けて出すお店が多いようです。

青いタグが、加能ガニである証だからですね。

タグは記念品です。

やっぱりタグは不可欠!!

加能ガニをお店でいただくと、いくら掛かるかがわかる素晴らしい投稿です!!

カニ好きの人には、これが励みになるのでしょうね~

長野県の上田市で、加能ガニがフルコースでいただけると。

なんともうらやましい。。。

まとめ

石川県で11月6日から翌年3月20日までに水揚げされるオスのズワイガニを、加能ガニといいます。

冬の石川県を代表する食材ですが、今シーズンの加能ガニは不漁で、値段は例年の2倍程度になっています。

今シーズンから、最高峰の加能ガニをプレミアブランドの『輝』として売り出していますが、解禁日から2か月経っても、まだ基準をクリアした加能ガニは7杯だけということです。



この記事はお役にたてましたか?
あなたのお役にたてたとしたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです(*^^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました