大掃除でお風呂の鏡をきれいに 水垢取りと曇り止めをやってみた

大掃除のときお風呂の鏡についた水垢をどうやって落とすか。長年の課題でしたが、今年はうまくいきました!!

8年ものの頑固なウロコを落とした方法をご紹介します。

スポンサーリンク

大掃除でお風呂の鏡をきれいにしました

大掃除のときにお風呂の鏡をどうやってきれいにするか

数年来の懸案でしたw

あのウロコ落としが難題で、昨年は満を持して「スクイジー」を投入しましたが、あえなく撃破されています。

スクイジーはコレですね

そこで今年こそは、と調査に調査を重ねて選んだ道具がこちら

スコッチ・ブライトの「バスシャインすごい鏡磨き」とレックの「バス用くもり止めフィルム」です。

こちらの記事でも、サラッと紹介させてもらいました。

関連記事>>>カビが生えた風呂 掃除のやり方や防止方法。鏡の曇り止めをご紹介!

近所のホームセンター(シマホ)に買いにいったのですが、「すごい鏡磨き」は売り場の一角に専用コーナーができていましたから、今けっこう売れているみたいです。

お風呂の鏡の水垢取り

お風呂の鏡の水垢取りに使うのは「バスシャインすごい鏡磨き」です。

使い方は実に簡単。

鏡と研磨シートを水で濡らし、こすったら水で洗い流すだけ。鏡に傷を付けず輝きを取り戻します。

特に落ちにくい場合は角を立ててこすってください。また、グリップタイプなので持ちやすく鏡の隅までしっかりキレイにします。

(箱のウラの取扱説明より)

包装を解いたら、そのままお湯につけて、濡らした鏡面をサッサッとこするだけです。

それほどゴリゴリと力を入れる必要はありません。何回か手を動かすと、最初に少し感じた抵抗感がなくなります。たぶん、こうなるとウロコが落ちたサインなんだろうと思います。

8年もののウロコを落とした結果はこうなりました。

(ビフォー)

(アフター)

アフターの写真は翌日、浴室が乾いたところで撮っています。

翌日になって浴室が乾いたところでみてみると、「バスシャインすごい鏡磨き」で磨いたところでも、ウロコが残っていました。それでも、軽く磨いただけで水垢がこんなに落ちるのはたしかに「すごい」鏡磨きです。

お風呂に入るときに、気が向いたらちょこちょこ鏡磨きを続けると、かなり新品のころに近づけそうな気がします。

ちなみに僕はシマホで税込645円で買いましたが、楽天市場だと427円で売っていました。

送料別ですが、他のお掃除用品と合わせてまとめ買いをするならおすすめです。

スポンサーリンク

お風呂の鏡の曇り止め

お風呂の鏡の曇り止めには、裏技的に糊を使う方法もテレビでみたことがありましたが、今回は正攻法のアプローチでレックの「バス用くもり止めフィルム」を使ってみました。

こちらも使い方は簡単。

包装を開くとヘラとアルミホイルに包まれたフィルムが入っています。

フィルムを引き出すと、両面が透明シートではさまれています。

余談ですが、この写真はお風呂に浸かりながら撮っています。フィルム貼りは、お風呂に入りながらできます。

赤テープをつまんで裏面の透明シートを剥がしたら、お湯で濡らします。鏡のフィルムを貼る位置も濡らして、水が均等に広がるように中性洗剤を数滴伸ばしたあと、シートの上端から鏡に貼っていきます。

貼ったあとはフィルムの中央から端に向かって、ヘラを使って中の空気を押し出すようにすると、フィルムがきれいに貼りつきます。

貼ったあとの絵です。

最後に表の透明シートを剥がします。

剥がしたあとの図。パッと見ではフィルムが貼ってあるのかどうかわかりません。

でも、しばらくして鏡全体が曇り始めると、フィルムを貼ったところがクッキリと浮かび上がってきました。

これで、効果がわかります。

こちらもシマホ価格は税込645円でしたが、楽天市場だと最安値が479円になっていました。まとめ買いをする方にはおすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レック バス用 くもり止めフィルム
価格:479円(税込、送料別) (2017/12/3時点)

まとめ

大掃除のときだけでなく、ふだんからウロコ落としに励んでいると、きれいなお風呂の鏡を維持することができそうです。

「バスシャインすごい鏡磨き」が発売されたのは2016年なんですね。それ以前に、この道具は使えなかったわけです。技術の進歩はありがたいですね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする