糸島牡蠣の値段はいくら?直売所で持ち帰りの場合と通販でお取り寄せの場合

糸島牡蠣 値段 直売所 持ち帰り 通販 お取り寄せ食材・グルメ
この記事は約4分で読めます。

糸島牡蠣の値段はいくらなのでしょう?

カキ小屋の直売所から持ち帰りをする場合と、通販でお取り寄せする場合で価格はどうなるのか?

毎年、冬に多くの人が訪れる福岡・糸島市のカキ小屋は、加布里、岐志、福吉、船越の4つの漁港に25軒のお店が軒を並べています。

目の前の海から上がったばかりの牡蠣を自分で焼いて食べられる糸島の牡蠣は、新鮮・安全で値段もリーズナブルです。

スポンサーリンク

糸島牡蠣の値段はいくら?直売所で買って持ち帰りの場合

糸島牡蠣 値段 直売所 持ち帰り 通販 お取り寄せ糸島牡蠣値段いくらかというと、殻付1キロ1,000円です。

この値段は直販所から持ち帰りにしても、カキ小屋で焼いて食べても変わりません。

カキ小屋を運営している漁師さんたちが所属する糸島漁協で牡蠣の値段は統一しているので、牡蠣小屋によって値段が違うこともありません。

 

牡蠣小屋の漁師さんたちは、それぞれがカキの育て方を研究・試行錯誤してより良いものにする工夫をしています。自分のブランドをつけているカキ小屋もあります。

それでも今はどの牡蠣小屋の牡蠣も、殻付1キロ1,000円で販売されています。

糸島牡蠣の値段はいくら?通販でお取り寄せする場合

糸島牡蠣値段は、通販お取り寄せすると殻付1キロ2,000円です。

送料込みで、現地で購入する場合の2倍の価格になりますね。

amazonでは、船越漁港の服部屋からお取り寄せができます。

送料込みで5キロが10,000円、3キロが6,000円です。

牡蠣の数は、キロ当たり10~12個の見当です。

3キロとか5キロでお取り寄せを考えるのなら、糸島市にふるさと納税をするとおトクです。

テレビ朝日系の番組「食彩の王国」にも紹介された徳栄丸「森のめぐみ」も、ふるさと納税でいただけます。

ふるさと納税は、自分で市区町村を選んで寄付をすると、実質2,000円の負担で好きな品物やサービスを、寄付の返礼品としていただける仕組みです。

糸島市への寄付をすると、カキ小屋で使える飲食チケットを選ぶこともできます。

糸島のカキ小屋に食べに行ける方は、こちらを選ぶのも悪くないですよ~

「ふるさと納税って何だ?」という方は、こちらの記事が参考になると思います。

関連記事

日生(ひなせ)の牡蠣の値段はいくら?通販は一斗缶入り!生食用も購入できる
日生(ひなせ)の牡蠣の値段はいくらか?日本有数の牡蠣の産地、岡山県備前市日生の牡蠣は通販ではなんと一斗缶入り。加熱用はもちろん生食用も購入できる日生の牡蠣のお値段を徹底調査しました。日生(ひなせ)の牡蠣の値段はいくらか?日生...

 

糸島の牡蠣小屋

糸島牡蠣 値段 直売所 持ち帰り 通販 お取り寄せ糸島市は、玄海国定公園にも指定されている自然豊かな地域です。

糸島の海はカキの養殖に最適な水温と、糸島の森林から流れ込む大量の植物性プランクトンの豊富な栄養があるので、美味しい牡蠣が育ちます。

カキの養殖は30年ほど前に始まり、漁港の直売所で販売した殻付牡蠣をその場で食べられるカキ小屋が開店したのは、10数年前のようです。

牡蠣小屋は4つの漁港に25軒あります。

加布里漁港

店名電話番号
住吉丸090-2710-7569
ひろちゃん090-5295-3020

岐志漁港

店名電話番号
日進丸090-6898-2486
恵比寿丸090-7151-5975
富士丸080-5249-3824
徳栄丸090-4355-5634
のぶりん090-7383-9558
中宮丸090-7450-6009
大栄丸090-4588-7068
高栄丸090-6290-0817
大黒丸090-5931-9893
旭星090-5290-0689
豊久丸090-1975-2915

福吉漁港

店名電話番号
カキのますだ090-3602-8902
伸栄丸090-1511-0825
飛龍丸/カキの阿部090-1923-2548
白山丸090-2081-5238

船越漁港

店名電話番号
みわちゃんカキ090-5282-6932
豊漁丸090-5922-4802
マルハチ「引津丸」080-5249-7714
正栄090-5724-1717
ケンちゃんカキ090-3077-0888
カキハウスもっくん080-2798-3022
服部屋090-8413-9191
千龍丸090-3079-0045

上記のリストにあるカキ小屋は、牡蠣を現地で食べることも持ち帰りもできます。

それぞれの牡蠣小屋では牡蠣以外にも、糸島漁港で揚がる魚介類やオリジナルのサイドメニューがあります。

どのお店でも調味料、ドリンク、おにぎり、トッピング等の食材は無料で持ち込めます(ただし網の上では焼けない)。

詳しくは直接お店にお問い合わせ下さい。

それぞれの牡蠣小屋の特徴はこちらのサイトがわかりやすかったので、現地に行かれるときには参考にして下さい。

https://www.fukuoka-now.com/ja/itoshima-kakigoya-oyster-hut-guide/


この記事はお役にたてましたか?
あなたのお役にたてたとしたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです(*^^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました