霞ヶ浦のれんこんは通販でお取り寄せできる?売ってる場所はどこにある?

霞ヶ浦 れんこん 通販 販売食材・グルメ
この記事は約5分で読めます。

霞ヶ浦の周辺地域は、れんこん栽培が盛んで、生産と出荷が全国シェアで50%を超える日本最大の生産地です。

霞ヶ浦湖畔の低湿地帯のれんこん栽培に好適な土壌と気候のおかげで、霞ヶ浦のれんこんは品質がよく、新鮮なものは生で食べられるほど甘く、シャキシャキした歯ごたえが人気です。

霞ヶ浦のれんこんは通販でお取り寄せできるでしょうか?どこで売っているのでしょうか?

霞ヶ浦のれんこんを通販でお取り寄せ

霞ヶ浦のれんこんは通販でお取り寄せできます。

『柳蓮田蓮根(やなぎだれんこん)』というブランド蓮根が、かすみがうら市にある野口農園で栽培されています。

野口農園は、この地で100年近くれんこんを育てている老舗の農家です。

野口農園のオンラインショップがこちら。

2月に販売中のれんこんは、箱入り送料別で4㎏が7,560円、2㎏が4,320円です。

ニューヨーク、パリ、フランクフルトの日本料理店が野口農園のれんこんを指名買いするほどで、最高峰の『國之介』はなんと1本54,000円のれんこんです。

ブランドれんこんが生まれた経緯は、ビジネス書にもなっています。

楽天市場

楽天市場でもお取り寄せが可能です。

野口農園より少し安く、箱入り4㎏が送料込みで6,270円になっています。

ふるさと納税

霞ヶ浦湖畔の茨城県阿見町ふるさと納税をすると、返礼品にれんこんを選ぶことができます。

15,000円の寄附で4㎏のれんこんがいただけます。

ふるさと納税は、実質2,000円の自己負担でできる最強のお取り寄せシステムです。

「ふるさと納税って何だ?」という方は、こちらの記事が参考になると思います。

霞ヶ浦のれんこんとは?

茨城県はれんこんの出荷量が全国一で、そのシェアは50%を超えます。

茨城のれんこんは、ほとんどが霞ヶ浦湖畔の低湿地帯で栽培されています。

霞ヶ浦湖畔一帯がれんこんの一大産地になっているのは、低湿地性の土壌と冬でも雪の少ない気候がれんこん栽培に好適だったためです。

とはいっても、胸まで泥に浸かりながら手探りで泥の中のれんこんを掘り出すのは、冬の早朝にはかなり辛い作業だと思います。

霞ヶ浦湖畔の中でも、多くのれんこんを出荷しているのが土浦市とかすみがうら市の2市で、この地域を統括している農協がJA水郷つくばです。

霞ヶ浦のれんこんの特徴は、こちらのTwitterに簡潔でわかりやすく書かれています。

霞ヶ浦のれんこんの販売場所は?

霞ヶ浦れんこんどこで売ってるでしょうか?

冬から春にかけては、農家の無人販売でれんこんを売っています。

このときは1袋100円だったとのこと。

おそらく通販価格と比べると3分の1とか4分の1の水準になっています。

霞ヶ浦のれんこんの最大の生産地をカバーしている、JA水郷つくば農産物直売所でも販売しています。

この投稿は、だいぶ気温が高くなっている5月のものでした。

もちろん、家庭用に小分けしたれんこんも用意されているので、箱買いしなくても大丈夫です。

JA水郷つくばサンフレッシュ直売所の詳細は公式サイトでどうぞ。

東京の市場に出荷されるれんこんの9割は茨城県産で、そのほとんどが霞ヶ浦のれんこんだそうです。

市場から出回るれんこんは、飲食店向けの食材になったり、関東一円のスーパーなどに商品として並ぶことになります。

おそらく、近所のスーパーや青果店で売っているれんこんは、結構な確率で霞ヶ浦のれんこんになっているのではないでしょうか?

まとめ

霞ヶ浦のれんこんは楽天市場など大手の通販サイトで購入することができます。

海外の日本料理店から高く評価されているブランドれんこん『柳蓮田蓮根(やなぎだれんこん)』も、生産者の野口農園のオンラインショップから購入できます。

特に関東一円では、スーパーや青果店で売っているれんこんの多くは霞ヶ浦産のものとなっています。



この記事はお役にたてましたか?
あなたのお役にたてたとしたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです(*^^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました