鹿児島県鹿屋市の日本キジ肉の販売場所や値段は?通販でお取り寄せできる?

鹿児島県鹿屋市 日本キジ 販売 値段 通販食材・グルメ
この記事は約3分で読めます。

日本キジ肉は、鹿児島県鹿屋市の新名物になると期待されています。

日本キジは日本の国鳥で、キジ肉は平安時代から至上のご馳走とされてきた日本古来の食材。

でも普段は、なかなかお目にかかることがありません。

この記事では、貴重な食材でもあるキジ肉の販売場所や値段、通販情報をまとめました。

スポンサーリンク

鹿児島県鹿屋市の日本キジ肉の販売場所や値段は?

鹿児島県鹿屋市日本キジを育てているのは、日本キジ養殖センター小倉です。

放鳥用のキジを飼育しながら、キジ肉販売をしています。

日本キジ養殖センター小倉 | ISPフーズ
日本キジの仕入れなら日本キジ養殖センター小倉ISPフーズ店にお任せください。| 県が自然保護の為に実施していた「放鳥事業」を、昭和50年ごろから父が受託したのがきっかけで、一家で日本キジを育てるようになりました。日本キジの飼育はとても難しいです。ストレスを感じやすく、気性が激しい鳥なので、互いに喧嘩をして、死んでしまう...

キジ肉の値段はオス鶏が1キロ5,940円(税込)、メス鶏鶏は750g5,940円(税込)です。

100g当たりにすると、オス鶏の594円に対してメス鶏は792円になります。

雌の方がおいしいのかな?

日本キジ養殖センター小倉
電話/FAX099-462-3242
所在地鹿児島県鹿屋市串良町細山田3683-10

 

日本キジは、かつて1万円札の絵柄にもなっていた国鳥です。

日本人には親しみのある鳥なんですね。

最新のDNA分析によって、日本鳥学会が「日本固有種」として今秋にも認定する方針、と最近のニュースで伝えられています。

新規認定されると、鳥類では1981年のヤンバルクイナ以来、約40年ぶりのことだそうです。

キジ肉は、別名「山のフグ」。

なんとなく食感や味が想像できそうです。

プロの腕にかかると、こんな風になります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

KNTRO(@kntrotra)がシェアした投稿

 

お刺身でもいけるみたい!

 

鶏肉と比べて高タンパク、低脂肪、低カロリー。

独特の香りとコクと歯ごたえのあるキジ肉は、夏にかけて脂のノリもよくなり、熟成させるとなお旨味が増すそうです。

鹿児島県鹿屋市の日本キジ肉は通販でお取り寄せできる?

日本キジ養殖センター小倉では、キジ肉を冷蔵便で全国発送しています。

日本キジ養殖センター小倉 | ISPフーズ
日本キジの仕入れなら日本キジ養殖センター小倉ISPフーズ店にお任せください。| 県が自然保護の為に実施していた「放鳥事業」を、昭和50年ごろから父が受託したのがきっかけで、一家で日本キジを育てるようになりました。日本キジの飼育はとても難しいです。ストレスを感じやすく、気性が激しい鳥なので、互いに喧嘩をして、死んでしまう...

送料は別にかかりますけれど、北海道から沖縄、そして離島まで日本全国どこからでも注文できます。

 

でも鹿屋市産のキジ肉にこだわらなければ、大手通販サイトでもキジ肉は購入できます。

内臓と骨を抜いたブロック肉700gとガラ300gのセットです。

高知県梼原(ゆすはら)町産のキジ肉ですね。

熟成肉がお好みならばこちら↓

宮崎県都城市産だと、メス鶏を選んでお取り寄せできます。

都城市にふるさと納税をして、返礼品でキジ肉をいただくこともできます。

これだと2羽セットが2,000円でお取り寄せできることになります。

けっこうお得ですよね!!

都城市以外の地域でも、ふるさと納税でキジ肉を返礼品に選べるところがあります。

「ふるさと納税って何だ?」という方は、こちらの記事が参考になると思います。

夏になると脂がのっていっそう美味しくなるキジ肉を、この機会に召し上がってみてはいかがでしょうか?



この記事はお役にたてましたか?
あなたのお役にたてたとしたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです(*^^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました