ホワイトデーは花言葉に注意! 花をお返しにするなら花束はおすすめしません

ホワイトデーに花を彼女に贈るなら、気をつけたいのが花言葉です。

ここでは花言葉のせいであなたの彼女への想いが誤解されないように、ポイントだけは抑えておきましょう。

この記事は、女性に花を贈ることに慣れていない男性向けに書いています。

でも、花を贈る相手は付き合っている彼女か、告白されて付き合いたいと思っている子限定ですよ。義理チョコに花をお返ししたら、きっと思いっきり引かれますから(笑)

スポンサーリンク

ホワイトデーには花言葉に注意しよう

花には花言葉というものがあります。むかしは口に出せない想いを、花に託して相手に伝えようとしたのですね。いまでも女性の中には、花言葉にとても関心がある方がいらっしゃいます。

あなたは花言葉なんて興味ないかもしれませんが、贈った花の花言葉で、知らないうちに彼女が不安になったり傷ついたりするのは、避けたいですよね?

あなたは喜んでくれると思ったのに、花言葉がホワイトデーのお返しにふさわしくないものだったとしたら、もしかすると彼女が人知れず悩んでしまうかもしれません。

たとえば黄色いバラを贈ってしまったら、あなたに愛されているとわかっていても、彼女からすればあまり面白くはないでしょう。なぜ黄色いバラがよくないかは、あとで触れますね。

彼女に「それはないでしょ?」とツッコんでもらって、笑い話にできればいいですけれど。

とはいっても、花の種類も花言葉もたくさんありますから、一から調べたり勉強していくのは大変です。そもそも、大して興味のないことに時間はとられたくないですよね?

そこで、ホワイトデーに花を贈りたいのなら、間違いのない花言葉の花だけを選ぶことにしましょう、というのがこの記事でお伝えしたいことです。

ホワイトデーで花をお返しにするなら

女性に花を贈るとしたら、真っ先に思い浮かぶのがバラではないでしょうか。ホワイトデーでも、やっぱりバラを贈られて不機嫌になる女性はいないと思います。

バラは種類も花言葉も多い花です。色や花の状態でも、さらに贈る本数でも意味がちがったりします。

ややこしそうですね!?

色が意味する花言葉は

  • 赤は「あなたを愛しています」
  • 白は「純潔」「わたしはあなたにふさわしい」
  • ピンクは「上品」「愛の誓い」「可愛い人」
  • 青は「奇跡」「夢かなう」
  • そして黄は「愛情の薄らぎ」「嫉妬」「友情」「不貞の愛の告白」

赤、白、ピンクそして青なら、変な誤解や不安を呼ぶことはないです。でも、黄色だったらどうでしょう?

彼女がこの花言葉を知っていたら、あなたが花言葉を知らないとわかっていても楽しくはないでしょう。

これから付き合うところだったら「お友達でいましょう」ってことかな?

と思われてしまうかもしれません。

その気がないのに、ふつう花なんか贈らないんですけど( ゚д゚)ポカーン

という感覚は、女性にはときに通じないこともあります。

花の状態と花言葉の関係では

白いバラのつぼみは「恋をするには若すぎる」「少女時代」という意味になります。意図していなくても、君にはまだ早いんだよ、という上から目線のメッセージになってしまいます。

そして本数です。本当に本数毎に意味があるのですが、抑えておきたいものをいくつか上げます。

おすすめは
1本  あなたしかいない
2本  愛しています
12本 わたしと付き合ってください
99本 永遠の愛

避けたいのは
13本 永遠の友情
15本 ごめんなさい

あなた次第なのは
2本  この世界は2人だけ
108本 結婚してください

ということで、ホワイトデーというシチュエーションで贈る花を考えるなら、真っ赤なバラを一本というのが、一番間違いないと僕は思います。コスパもいいしね♪

それじゃちょっとベタすぎないか~、と思う人は6本にするといいです。6本の花言葉は「あなたに夢中」です。

スポンサーリンク

ホワイトデーで花束がおすすめできない理由

ホワイトデーで花束がおすすめできないのは、とある有名なお花屋さんのサイトを見ていたら、ホワイトデーのおすすめ商品の中に「黄色いバラ」がバンバン入っていたからです。

もちろん黄色は華やかだし、気分が上がる色だとは思うのですけれど、花言葉を気にする人がもらったらどうかな~、と考えてしまいました。

プロでも、花言葉はあまり重視していないのかもしれません。とすれば、花屋さんのおすすめの花束とかアレンジも、花言葉という視点からは要注意です。

誰でも知っているチューリップでも、色によって花言葉がちがいます。

  • 赤は「愛の告白」
  • 白は「失われた愛」
  • ピンクは「愛の芽生え」「誠実な愛」
  • 黄は「望みのない恋」
  • 紫は「不滅の愛」

白は失恋、黄色は届かぬ恋という意味になりますから、お返しにこの色を贈ると「僕のことはあきらめて」と花言葉では伝えてしまいます。

でも、チューリップの花束に白や黄色が入ると、華やかになっていいですけれどね~

ふつうに花屋さんで選んでいたら、きっと黄色や白を入れたくなると思いますし、お店も見栄えがいいからおすすめするかもしれません。

アレンジや花束にすると、いろんなお花が混ざりますよね。名前がわかる花の方が少なかったりしますから、花をプレゼントするのに慣れていない男子には、とっても高いハードルになります。

花言葉にこだわってアレンジしてくれるお花屋さんがあれば、おまかせしてもいいと思いますけれど、ハッキリわからなければ、自分でわかる範囲で選んだほうがよさそうです。

だから僕がおすすめするのは、真っ赤なバラ一択です。

ホワイトデーのお返しに花束をおすすめしないのは、他にも理由があります。

もらう女性の本音として

  • 大きな花束をもらうと嵩張って持ち帰るのが大変
  • 電車の中とか恥ずかしすぎる。。。
  • 花瓶がないし飾る場所もない
  • 水やりが面倒
  • 花束はもっと大切な日にとっておいてほしい←乙女ですねぇ

などなどの声があります。

女性は花をあげると喜んでくれるけれど、花束になると時と場合によるようです。

まとめ

花を贈って怒る女性はいない、といいますけれど、それもケース・バイ・ケースですね。

彼女の性格にもよりますけれど、花を贈ることがあったら、花言葉ぐらいは調べておいた方が良さそうです。

いちいち面倒なら、真っ赤なバラを一輪です。これなら間違いないっ( ̄∇+ ̄)vキラーン

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする