呉の伝統野菜広甘藍(ひろかんらん)の販売場所と値段は?通販で買えるか?

食材・グルメ
この記事は約4分で読めます。

呉の伝統野菜広甘藍(ひろかんらん)の販売場所はどこで値段はいくらなのか?

広甘藍通販で買えるのか?

幻といわれる呉の伝統野菜広甘藍販売場所値段通販の取り扱いについて調査しました。

スポンサーリンク

呉の伝統野菜広甘藍(ひろかんらん)の販売場所は?

広甘藍は生産量が少ないため、販売場所は限られています。

販売場所はこちらに記載があります↓

地元呉市の農協さんとスーパーでは、確実に買えるんですね。

 

広甘藍は、10年ほど前に呉市内の有志の農家が生産組合をつくって、50年ほど止まっていた生産を復活させたものです。

いま、広甘藍の生産は10人の生産者さんが担っています。

出荷は、11月から翌年1月の期間限定です。

 

生産者組合のFacebookページに、今シーズン最初の出荷の様子がうかがえる投稿がありました。

16ケースの出荷というと、数は100玉前後になるでしょうか。

 

呉市内のスーパーなら、ふつうにこんな感じで置いてあるようです。

半玉で158円は、ふつうのキャベツだとちょっと高いですね~

 

呉市の農業公園グリーンヒル郷原では、1玉で販売されていました。

出荷量が少ないので、地元でも毎日は入荷しないんですね。

 

広島市内では、イベント会場でも数量限定で売られているようです。

はなのわマルシェは、旧広島市民球場跡地で開かれたイベントです。

今年広島で開催された、全国都市緑化ひろしまフェア「ひろしま はなのわ 2020」の最後をかざるイベントでした。

広甘藍、わずか限定80個です。

同じ県内でも、広島市になるとそんなに販売しているところはないのかもしれません。

広甘藍の値段はいくら?

広甘藍の値段は、1玉250円です。

広カンラン250円と書いてあります。

販売場所はグリーンヒル郷原

1玉400円という年もあったようです。

 

ふつうのキャベツの値段は、1玉100円前後というところではないでしょうか。

地域にもよりますけど、100円超えるようだと「ちょっと高いから、今日はやめておこう」という人も少なくないと思います。

 

なぜ、広甘藍はこの値段なのか?

もちろん生産量が少ないことは一因なのでしょうけれど、高いのはやはりその値段でも売れる理由があるのです。

そう、食べればわかるのが、甘くて芯までやわらかい広甘藍の特徴です。

糖度11度は、果物並みの甘さです。

 

呉のお好み焼き屋さんでも、広甘藍が入荷したときは、キャベツをお客さんの希望に応じて変えられるようにしているところもあります。

広甘藍にしてもらっても、別料金にはなりません!

さすが地元のお店です。

広甘藍は通販で買えるか?

広甘藍は、通販では購入できないようです。

でも広甘藍入りのお菓子なら、手に入ります。

広甘藍を練り込んだ、お好み焼き味のイカフライです。

呉土産ですね!

 

残念ですけれど、広甘藍や広甘藍を使ったお料理は、広島か呉まで行かないと食べられないみたいです。

関連記事

広島風お好み焼きの八昌 東京で暖簾分けしたお店は経堂の他にもある?
広島風お好み焼きの名店「薬研堀 八昌」は、東京にも暖簾分けしたお店が出店をしています。青八昌と呼ばれる薬研堀八昌の系譜では、同じ八昌の名を冠した経堂が有名ですが、他にも八昌の技と心を受け継いだお店があります。いずれも行列ができるほど...


この記事はお役にたてましたか?
あなたのお役にたてたとしたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです(*^^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました