引越して一人暮らし 近場なら自分でやると費用が安いのか?

一人暮らしを前に、いろいろ期待で胸を膨らませている方は多いと思います。

荷物もそれほど多くなく、近距離で引越しを予定している人は、ぜんぶ自力で引越しをするのが一番安い費用になると思うかもしれません。

でも、もっといい方法があるかもしれません。自分でやるより安い費用で引越しができるとすれば、どんなやり方があるでしょうか?

スポンサーリンク

引越して一人暮らしを近場でするとき

引越し先で一人暮らしをするなら、そんなに多くの荷物を持ち込むことはないでしょう。大きなものは冷蔵庫とベッドと、タンスや収納ケースぐらいでしょうか。

服やタオル類、本やなべやかんの類、日用品はダンボール箱に入れて10箱もあれば。ダンボールは近所のスーパーなどで、タダでもらえるものを集めておけば用は足りますね。

家具は備え付けのものがある物件とか、入学祝いなどで新しい家財道具が一式入る人だったら、ほとんど実家から持っていくものはないかもしれません。

もし誰かが運転免許証を持っているなら、近場への引っ越しは、車を借りて、友達や家族に手伝いを頼めば、チャチャッと終わりそうです。

でも、費用面でもそれが一番いいかどうかは、ちょっと考えたほうがいいかもしれません。

一人暮らしの引越しは自分でやるべきか

多少荷物がある人でも、レンタカーで軽トラかハイエースを借りて、荷物を自分で運ぶことができます。もちろん家族や友達の車で運べれば、なおいいのですが、ちょっとそれは横に置いておきましょう。

ハイエースクラスだと、レンタカーは6時間で6~8千円ぐらいです。近距離の引っ越しなら、6時間で時間は十分でしょう。

これにガソリン代と、手伝ってくれる人が2人として、お昼ごはん代とか飲み物代をもつとザックリ5千円。もし一杯飲ませてあげるとすれば、自分の分も入れて5千~1万円ぐらいは見ておいたほうがいいでしょう。

合計すると、1万1千~2万3千円になりますね。

引越し先が素人でも荷物を運び込めるようなつくりになっていて、かつ2、3人で運び込める大きさのものしかなければ、これでOKです。

でも、多少気を使って、ドアや階段、廊下、エレベーターなどを養生しないといけなければ、もう少し費用がかかりますね。だから、平均的には2~3万円かかるとみていいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

一人暮らしの引越しで費用が安いのは

自分でやるのに2~3万円となると、費用でいけば他の選択肢も現実的になります。

通称赤帽全国赤帽軽自動車運送協同組合のウェブサイトでは、引越運賃料金が税込みで13,500円になっています。

これがいわば基本料金です。土日祝祭日は2割増しということですが、それで16,200円です。最大量350kg以内、作業時間が2時間以内、走行距離が20km以内ならば、搬出搬入もいっしょにやってくれるドライバーさんをひとり借り切って、引越しできます。

引越しが条件に合うようなら、赤帽の方が自分でやるよりも費用が安いかもしれませんね。

お昼を奢らなくてもいいし、貨物保険で損害賠償もありますから、万が一荷物が破損してしまっても、ある程度はカバーしてもらえます。しかも、ドライバーさんは荷物運びのプロです。

赤帽の方は個人事業でやっている方が多いので、ドライバーさんといっても一国一城の主です。個人のお名前で電話帳に載っているような方だと、わりと柔軟に相談できるし、ちょっとばかりなら無理も聞いてくれそうです。

赤帽ばかりではなく引越し専業の大手でも、近場への小さな引越しだと手が空いている時間に入れやすいので、思わぬほど安く引き受ける可能性があります。

引越しの日時がピンポイントで「ここでないとダメ」という事情がなければ、時間を業者の都合にまかせる「フリー」という条件で探してみるといいと思います。日にちまでフリーにしてよければ、なお好条件がとりやすくなります。

このとき大事なのは、必ず何社か声をかけて相見積もりにすることです。ネットから申し込める引越し比較の一括見積もりサイトをつかうと便利ですよ。

こちらの一括見積もりサイトを使うと、入力が終わった段階で概算の費用がわかります。


「引越し達人セレクト」見積もり

申込みのときには連絡のとれる電話番号とメールアドレスを入力します。送信ボタンを押すと、すぐにメールと電話がかかってきます。

でも、電話は着信音が鳴る前に切ってフリーダイヤルの履歴を残すだけの術をつかっています。都合のよいタイミングで折返し連絡をして、業者さんと見積もりの日時を決めて下さい。

真面目に見積もりをするには、引越し業者さんは荷物の量がどんなものか現場で確認する必要があります。複数の業者さんが同じ時間に重なっても、まったく問題ありません。むしろ、その方が手間もかからなくていいかもしれません。

業者さんが来たがるのは、荷物を目視して確認するという目的もありますが、あわよくばその場で契約書にハンコを押させたいからです。でも同業他社がいる前で、そのようなことはできませんから、ユーザーからすれば無駄に交渉の時間と神経を割かれないで済みます。

ところで、業者さんとの交渉の極意は、どの段階でも希望の金額や予算を絶対に口にしないことです。相手はいろんな話をしながら感触を探ってきますが、自分は引越しの素人なのでよくわからないからとか何とかいって、営業担当者が強引に契約をとりたがっても、のらりくらりと交わしてください。

一括見積もりサイトからの申し込みなら相手もわかっているはずですが、相見積もりであること、他と比較して「いい条件だったらこちらから連絡します」とキッチリ伝えて、期日を決めて条件をだしてもらうことが大事です。いい条件だったらこちらから連絡すると伝えるのがミソです。

つまり、他社の方がよかったら連絡はない、と思わせることです。すると、ほぼ間違いなく向こうから「どうですか~?」と聞いてきますから、一番のところ以外から電話があったら「せっかく電話をもらったので悪いから、もう少し頑張れますか?」なんて聞いてみましょう。もちろん、この時点でも「いくらならOK」みたいなことは一切いいません。トップがいくらかも、話さない方がいいです。「どこまで下げられます?」と聞くだけです。

小さな引越しだからと、遠慮する必要はまったくありません。担当者が引き受けたくなければ、勝手に降りていきますので、一社に決めるまでは自分から断らないことです。条件が出揃わないうちにどこかに決めてしまうのも、もったいないです。

面倒かもしれません。自分は気が弱いと思っている人には、ちょっとだけ心に負担がかかってしまうと思いますが、ここだけは「いい人」を返上して頑張ってください。

思わぬ好条件で、報われるかもしれませんからね!

引越し業者との交渉のコツについてはこちらの記事で詳しく書いているので、興味のある方はお読みください。

関連記事>>>引越し費用を安くするための見積もり交渉のコツと注意点

まとめ

小さな引越しの費用を安くする、2つの方法をご紹介しました。見積もりは無料なので、実際に赤帽と一括見積もりのウェブサイトで見積もりを依頼してみてはいかがでしょう。

引越しのタイミングが繁忙期かどうかにもよりますが、たいていは友達に頼むより安く上がると思います。

引越し専業の業者さんに頼めれば、自分でやることもあまりなくなりますから、一石二鳥です。よい条件で引越しができるといいですね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする