榊原利彦のwikiプロフや経歴 結婚した嫁は誰?顔画像あり

榊原利彦 wikiプロフ

こんにちは!

俳優で演出家の榊原利彦さん

ご存知ですか?

強面でハードボイルドな外見に似合わず

きのこが好きすぎることを

「有吉反省会」で反省します。

そんなギャップが気になる榊原さんについて

  • 榊原利彦さんのwiki風プロフィール
  • 結婚した嫁は誰?顔画像あり

と題して、調査した結果を報告します。

スポンサーリンク

榊原利彦さんのwiki風プロフィール

早速ですが、

まずは榊原利彦さんのプロフィールです。

名前 榊原利彦
生年月日 1969年7月27日(50歳)
出身地 神奈川県
特技 きのこ鑑定
職業 俳優
演出家
劇団「THE REDFACE」主宰

公式ブログのタイトルは「天才の仕事」

Facebookのカバー写真はくわえタバコ

しかめっ面の顔写真。

代表作がVシネマの「仁義シリーズ」です。

いかがでしょう?

かなり

強面で押しの強い暑苦しいタイプの方

という印象です。

榊原利彦さんの経歴を

少し見ていきましょう。

芸能界デビューは19歳の1989年、

パフォーマンスユニットの「幕末塾」という

イケメン10人のアイドルグループでした。

スタートはアイドルだったんです。

グルメリポーターとして活躍している

彦摩呂さんもこのメンバーでした。

「幕末塾」は、

当時「おニャン子クラブ」で時代を席巻していた

あのAKBの秋元康さんがプロデューサーで

飛ぶ鳥落とす勢いだったTMNの小室哲哉さん

楽曲を提供しています。

錚々たるお名前が並びますね。

相当期待のグループだったことがうかがえます。

フジテレビの「ナイスガイ・コンテスト」では

「幕末塾」メンバー全員

俳優の吉田栄作さんに次いで

準グランプリに輝いています。

ただ、「幕末塾」は人気が爆発することはなく

1990年末で活動を休止してしまいました。

この頃、榊原利彦さんはアイドル活動よりも

役者として活躍するようになっています。

1990年には

大ヒットした「スクールウォーズ2」

に出演しています。

ブログやFacebookから感じられる圧

共演の山下真司さんの影響でしょうか?

ともかく、この頃から4、5年の間

榊原利彦さんは各局の連ドラでよくみる

売れっ子俳優でした。

93年春のNHK朝ドラ「ええにょぼ」では

主人公の夫の役を演じています。

でも、その後はあまりテレビ出演はしなくなり

映画、なかでもVシネマに活動を移しています。

Vシネマの帝王と呼ばれる竹内力さんと共演の

「仁義シリーズ」

50作以上ある人気作品です。

そして、

2005年には劇団「THE REDFACE」を主宰。

現在の活動は、役者と演出の二足わらじで

舞台を中心に活躍しています。

また、ポップアーティストとしても

絵で個展が開けるほどの才能を持っています。

スポンサーリンク

結婚した嫁は誰?顔画像あり

そんな榊原利彦さん、

これまでの生き方には

結婚した奥さまの影響が大きい

かもしれません。

こちらで一緒に写っているのが

奥さまの玉記さん

この投稿をInstagramで見る

徹 木下(@tiger.den)がシェアした投稿

大きな松茸を前にして

仲の良さげな2ショットですね!

玉記さんは

「THE REDFACE」の全16作品で

脚本を書いている方です。

結婚したのは1993年だそうですから

NHKの朝ドラ「ええにょぼ」で

戸田菜穂さんの夫役を演じていたころ

榊原さんが24歳のときです。

この結婚を機にしてかどうか、

榊原さんの活動はこの頃

大きく変化しています。

結婚後に

テレビ→Vシネ→舞台

ときて

今では夫妻で協力しながら

ひとつの舞台をつくりあげています。

この流れをみると

年の差11歳の姉さん女房で脚本家の

玉記さんの存在を抜きにして

今の榊原さんは語れない

と言えるのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では

  • 榊原利彦さんのwiki風プロフィール
  • 結婚した嫁は誰?顔画像あり

と題して、榊原利彦さんの人物像の一端

についてお伝えしました。

若い頃は有名だったかもしれませんが

僕は今回調べてみてはじめて

この方の存在を知りました。

でも、舞台の世界で

高く評価されている役者さんですから

「有吉反省会」の出演を機に

ぜひ再び、テレビでも演技を

見せてほしいと思います!

それではまた!

この記事はお役にたてましたか?

あなたのお役にたてたとしたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです(^^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする