グーグルメンバーシップリワードでプレゼント? 表示の原因と消し方

Googleメンバーシップ・リワード

Googleユーザーのあなた、おめでとうございます!(1)件のGoogleギフトが当選しました!

というメッセージがブラウザに表示されました。

ラッキー!!と思って、誰でもわかるクイズに答えていくと、クレジットカード情報を入力させようとしてくるのでご注意下さい。

スポンサーリンク

グーグルメンバーシップリワードでプレゼント?

Google メンバーシップ・リワードは、フィッシング詐欺の入り口にあたるサイトです。もちろん、プレゼントはありません。下手すると、フィッシング詐欺グループにプレゼントを贈ることになります。

でも画面を開いただけでは、何も悪いことは起きないので、焦ることはありません。

僕の場合、Google Chromeのタブを3つくらい同時に開いていたら、ニュースサイトがリダイレクト(?)されてこんな画面に切り替わっていました。

3秒ぐらい、何が起こっているんだ?

と考えてしまいましたが、Googleのロゴがちょっと変なので、パッと見で違和感を感じるんですね。

たぶんグーグルのロゴを見慣れている人は、感覚的かつ瞬間的に怪しいと思うでしょう。

ユーザーの喜びの声が載っていたりして、けっこう手が込んでいるのですが、

なんでロゴは完コピしないんでしょう?

詐欺をしようという連中が、商標権に抵触しないように気を使っているようなので、ちょっと不思議な感じもします。

もしかすると、Googleを本気で怒らせたら身元がバレて悪さを続けられなくなるので、慎重なのかもしれません。

よくよく観察すると、アドレスバーのURLもGoogleとはまったく別モノですし、ユーザーの画像が全部顔出しでイラストがひとつもないのも、リアルでは不自然に感じます。

でも、以前はこの手の怪しいサイトやメールは、だいたい日本語が破綻していましたけれど、このサイトは違和感のある言葉遣いはしていないですね。かなり洗練されてきました。

それでもロゴとか日付の表記とか、何かと雑なところがあるのでそうそう引っかかる人はいないと思います。

世の中には奇特な方もいて、このまま指示にしたがって進めていった結果を紹介しているサイトもありました。最後はクレジットカード情報を入れて、なにがしか少額の課金がされることになるそうです。

それでプレゼント当選の手続きが完了するとなるのですが、もちろんiPhoneⅩやiPad Air 2やGalaxy S6が贈られることはありません。

スポンサーリンク

グーグルメンバーシップ・リワードが表示される原因

この画面は、ネット広告がユーザーの画面に表示される広告配信の仕組みをつかって、表示させるように仕掛けているそうです。

この仕掛けが不正な方法で行われるようですが、たまたまその広告を表示してしまったウェブサイトが何かに侵されている、ということでもないようです。

この記事でも広告を配信していますが、不正な仕掛けがなされるリスクがあるのかどうか、僕はわかりません。でも、僕がリダイレクトされたウェブサイトは、某報道機関のニュースサイトなので、表示する側のセキュリティのかけ方でどうにかなるものではないのかもしれません。

どこのウェブサイトでいつ表示させるかは、詐欺グループ側でコントロールするので、サイトの仕掛けがたまたま稼働しているときにアクセスしてしまうと、上記のような画面に出逢うことになるようです。

ウィルスソフトを使っている人は、ブラウザの拡張機能などでソフトを稼働させれば表示させないこともできるようですが、それをやってしまうとブラウザが重くなって表示が遅くなったり、見たい画面が表示されなくなったりするので、何かと不便です。

グーグルメンバーシップリワードの消し方

グーグルメンバーシップリワードの画面は、何もしないでブラウザを閉じればいいようです。

ウィルスではないので、PCやスマホが感染するわけではありません。

僕は複数のパソコンとスマホで同じ画面が表示されるように、Chromeを同期して使っています。よくわかっていないのですが、履歴も端末で共有されるので、これから何回もグーグルメンバーシップリワードの画面を見させられることになるのかもしれません。

そうなったら、ちょっと対策をとりたいですね。

何もしないでブラウザを閉じれば危険はないとしても、いちいち飛ばされていたらウザったいし面倒ですから。

ただ、ざっと調べたところでは、グーグルメンバーシップリワードからプレゼントをあげるとしつこくされて困っているという人は、まだいないみたいです。

プレゼント攻勢に追っかけられる、という僕の懸念は杞憂かもしれません。

まとめ

グーグルメンバーシップリワードというものに出会ったのは、今回が初めてでした。

でも、ググってみたら2年くらい前からあったようで、直近の7月末ごろから、グーグルメンバーシップリワードに関する注意喚起をブログで呼びかけている方も増えている印象です。

画面が開いても害はありませんが、くれぐれもクレジットカードなど個人情報は渡さないようにご注意くださいね。

この記事はお役にたてましたか?

あなたのお役にたてたとしたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです(^^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



コメント

  1. MURA_P より:

    私もしばしば上記画面が出ました。
    いきなりブラウザ(クローム)が立ち上がることもありました。
     私の場合、Microsoft Storeからの 無料ゲーム(ソリティアなど)を
    全部削除したら それ以降一切詐欺サイトが表示されなくなりました。
    想像するに Microsoft storeの無料ゲームに表示される広告に、
    サイトを表示する仕組みがあり、それを悪用しているのでは? と素人考えですが
    思いました。