【拡散希望】「Amazon.co.jp重要なお知らせ」という詐欺メールが来た

アマゾンプライム 詐欺メール 暮らし・生活の知恵

Amazon.co.jp重要なお知らせ:お支払い方法の情報を更新してください

というタイトルのフィッシングメールが来ました。

ちょっと前までは、この手のメールは

明らかに詐欺とわかる出来でしたけど

もうパッと見ではホンモノと区別がつきません。

スポンサーリンク

アマゾンプライムの詐欺メール

冒頭の画像は、詐欺メールのキャプチャです。

クレジットカードの情報を更新しろと言ってきました。

メールソフトで受信したくないので、

ウェブメールを画像に撮っています。

アマゾンのロゴなんて、ほぼホンモノと同じですね。

実際はロゴにプライムの文字は入っていないようですけど

単独で見たら区別がつかない人も多いと思います。

間違っているのは、

僕がアマゾンプライムの会員でないことぐらいでした。

会員になっている方は、ホントにお気をつけ下さい。

アマゾン公式サイトの注意喚起

この手のメールへの注意喚起は

本家のウェブサイトにも書かれています。

詐欺メールを受信したときの対処法や

よくある手口も解説されています。

アマゾン ヘルプ&カスタマーサービス

アマゾン ヘルプ&カスタマーサービス

ここに書かれているのですが、

正式なアマゾンからのメールなら

リンク先のURLや差出人のアドレスには

「amazon.co.jp」が含まれています(日本の場合)。

スポンサーリンク

試しにリンク上にカーソルを持っていってみると

画面右下に示されるリンク先は

「madeqr.com」というドメインでした。

アマゾンプライム 詐欺メール

怪しいメールが来たら

会員をせきたてて何かさせようというメッセージが来たら

まずは深呼吸して一度落ち着きましょう。

アマゾンに限りませんが、

急に会員のアカウント情報の何かを変更させようというメールは

ほぼ間違いなく詐欺メール、フィッシングメールです。

本当に公式サイトで何か変更するときは、半年とか一年前からアナウンスされます。

メール一通だけで「あと数日以内に●●しないと、アカウント停止」

なんて通知することはありません。

そういうメールは、開かずに削除するのが正しい対処法です。

ちょっとおかしいと思ったら、

本家サイトに自分で直接アクセスして注意喚起が出ていないか確認したり

リンクにカーソルを当てて、リンク先のドメインやアドレスを確認しましょう。

詐欺メールなら、公式サイト以外のドメインになっているはずです。

ここだけはまだ、ごまかしが効かないみたいですね。

この記事はお役にたてましたか?

あなたのお役にたてたとしたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです(^^)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました