JR東日本の終電繰り上げはいつから? どの路線で実施されるのか

暮らし・生活の知恵

9月3日にJR東日本から、春のダイヤ改正に合わせて首都圏路線の終電の時刻を、最大30分程度繰り上げるとの発表がありました。

この記事では、いつからどの路線でどのくらい終電時刻が早まるのかを書いています。

気になる方はご一読下さい。

JR東日本の終電繰り上げはいつから

JR東日本は春のダイヤ改正で、終電の時刻を繰り上げることを決めました。

実際に新ダイヤで運行が始まるのは、2021年3月中旬ごろで、首都圏の各路線では最大で30分ほど、今より終電が早くなります。

終電の時間が変わるのは、およそ50年ぶりのことだそうです。

どの路線でどのくらい早くなる

終電繰り上げの対象は「東京100km圏の各路線」です。

路線毎にどの程度終電を早めるかは、10月に公表されます。

新しい情報はこの記事でもフォローしていきます。

東京100km圏の主な路線は、以下の各路線です。

  • 山手線
  • 中央線
  • 総武線
  • 京浜東北線
  • 埼京線
  • 湘南新宿ライン
  • 上野東京ライン
  • 東海道線
  • 横須賀線
  • 京葉線
  • 常磐線
  • 武蔵野線
  • 南武線
  • 高崎線
  • 宇都宮線

詳細は10月の発表をお待ちください。

同様の動きは他にもあり、JR西日本は関西エリアの12路線で終電を早めると発表しました。

JR九州も、福岡県内の都市部で運行本数を減らす検討をはじめています。

終電繰り上げを実施する理由

JR東日本は終電繰り上げの理由をいくつかあげています。

  • 線路の保守点検に携わる現場作業員の労働環境の改善
  • 今後10年程度、作業員の減少が見込まれること
  • メンテナンスを効率化する大型機械導入のための時間確保の必要性
  • 新型コロナ感染症の影響による深夜時間帯の利用者の減少

今回のダイヤ改正で終電の繰り上げに踏み切った最大の理由は、やはり新型コロナの影響で利用者が大きく減少したことでしょう。

JR東日本は、山手線の【上野‐御徒町】間のお盆の時期を除く8月の午前0時近辺の利用者数が、前年比で66%も落ち込んでいる事例をあげています。

各路線の全時間帯の利用者数も、前年比で3分の2程度に減っているとしています。

この減少傾向について、JR東日本は「感染がおさまった後も、働き方や行動様式が元に戻ることはない」と判断しています。利用者の減少はダイレクトに売上減少につながるので、運行本数を減らすのはわかりやすい対応策です。

とはいえ、今回の終電繰り上げは単なるコスト削減だけが目的ではないでしょう。というより、30分程度終電を早くしたところで、コストが劇的に減るわけがありません。

しかし、今回JR東日本は積年の課題だった現場の人員・人材不足に対して、ようやく対策できることになったのです。

これはJRだけの課題ではないのですが、今の時代は現場の技術・技能を次世代に受け継ぐことが難しくなっています。背景に人口減少の問題があり、現場で働く人の高齢化・引退が進む中で、技能・技術を受け渡す次世代の人員・人材が確保できないという難題に悩まされている企業は少なくありません。

鉄道のメンテナンスの現場でも、同じ問題が長年指摘されています。

こうした中、JR東日本は次回のダイヤ改正で、保守点検部門の働き方改革を進めて人材確保をしやすくすると同時に、メンテナンス作業に大型機械を導入して人手のかからない作業現場をつくろうとしています。

これだけで問題解消とはいかないでしょうけれど、難問解決の糸口は見出せるようになるかもしれません。

スポンサーリンク

運行本数を減らすのは、公共交通機関たるJR東日本が批判を受けやすい施策です。実際に深夜まで営業している飲食店関係者からは、SNSなどで恨み節も聞こえています。

今まで通りの社会であったら、それこそ利益至上主義に走ったとか、身勝手だとかで大炎上していたかもしれません。

しかし今回はコロナ禍の影響という大義名分があるため、理解を得やすい環境になっていたと思います。言葉は悪いですが、コロナ禍の利用者減少はJR東日本にとっては「渡りに船」だったかもしれません。

JR東日本が終電を繰り上げるとどんな影響が出るか?

まず考えられるのは、私鉄や地下鉄がJR東日本の運行時間に合わせて終電を早めることです。

東京メトロは、終電を早めるなどの検討はしていないということです。東急電鉄、小田急電鉄も具体的な方針は決めていないと、メディアの取材に回答しています。

しかし、いずれも「現時点では」という言葉がついています。将来もこのままとは言っていません。

リモートワーク普及の流れや、首都圏から地方への人口移動の兆しをみれば、私鉄各社や地下鉄も遅かれ早かれ運行本数を減らす方向で動き出すことになるでしょう。

春先に、IT系企業が会社ごと地方に引っ越したとか、完全リモートワークを導入して本社事務所の賃貸契約を解除したとか、ニュースで流れていて驚きましたが、最近は若い人が家族で東京から地方に引っ越したというニュースを見ても驚かなくなりました。

そういう人が増えている印象です。

ほんの数か月前までは、東京一極集中の弊害が懸念されていましたが、流れは逆転しつつあるのではないでしょうか?

少なくとも治療薬とワクチンがインフルエンザと同じくらい簡単に手に入るようにならなければ、とにかく東京に出ていこうという時代ではなくなりました。

もちろん、いろんな事情で東京から動けない人は多くいます。しかし、この半年ほどで世の中の価値観は激変しています。

ラッシュに揉まれてオフィスに通い、仕事が終わってから遅くまで飲み歩くという行動様式がメジャーではなくなった今、鉄道会社も以前と同じダイヤ編成を続けるとは思えません。

深夜営業の飲食店は、終電が早まると売上が減るという懸念があるでしょう。

ただ、それはコロナ禍の前との比較で、ということでしょう。2021年3月の前後で、そこまで売上が落ちるということはなさそうです。

賢明な経営者なら、ウィズコロナの時代にどうやって商売を続けていくか、アイディアを練っていると思います。

まとめ

終電時間を繰り上げるのがおよそ半世紀ぶりだ、ということが驚きでした。この50年間、日本人の生活様式はどんどん夜型になっていたのですね。

わずか30分ばかりのことですが、遅くなり続けていた終電の時刻が早くなるのは、後年振り返ってみれば、時代が節目にあることを象徴する出来事になっているかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました