成人式の着物レンタルは安い?予約はいつから?似合わないと泣かないために

女の子のお子さんがいると、振袖姿のわが子を見てみたいというのは親心ですよね~

本人よりもお母さんの方が、どんな振袖にするか選ぶのが楽しみだったりしてw

でも、着物を着る機会が限られてる今の時代、晴れ着をレンタルするのも選択肢のひとつです。最近の振袖のレンタル事情をまとめました。

スポンサーリンク

成人式の着物をレンタルすると安いのか?

買うより借りたほうが安い、というのがふつうの感覚だと思います。

たしかに1万円台で、成人式に出席するときに借りられる振袖があります。有名デザイナーのデザインでも、ネットで探すと2万円台とかであります。

こうした安い料金の場合、ほとんどポリエステル100%でプリント柄の着物が使われています。成人式にかかる1月上旬とそれ以外の時期では、値段が全然ちがうこともあります。

正絹の反物で仕立てた振袖の場合は、レンタル料金が少なくとも10万円以上になるでしょう。ある呉服屋さんの話では、レンタルの相場は15~20万円ぐらいということでした。

振袖を購入すると30万円ぐらいからですから、この機会だけのレンタル振袖は逆に高いと感じる人もいるかもしれません。

呉服屋さんの中には、オーダーレンタルという新方式を入れているところもあります。

オーダーレンタルは、新品を仕立てて借りるというものです。成人式がおわったら呉服屋さんにお返しするので、いい着物を少し安く着ることができます。たとえば、買うと50万円でレンタルなら40万円といった感じです。

せっかく着物を買っても、あまり着る機会がないからもったいない、と思う人にはオーダーレンタルが好評です。

クリーニングは着物専門のところに頼む必要があるし、保管する場所や収納に気を配らないと着物を傷めてしまいますから、そういう手間ひまを掛けないで済むのなら、高くてかまわないという人もいます。

本当にいい着物をオーダーレンタルすると、60万円、70万円という価格でもおかしくないので、こうなるとレンタルが安いとは言えません。

着物の質や借りる時期次第で、振袖のレンタル料金は安くもなり高くもなります。

成人式の着物 レンタル予約はいつからはじまる?

人気のあるブランドやデザイナーの振袖は、早々と予約完売になるようです。前の年の成人式が終わると、すぐに翌年の予約受け付けが開始されると考えていいと思います。

お嬢さんが成人する年の2年前に「成人式の振袖はどうしようかしら?」と考えているお母さんもいるのです。

着付けやヘアメイクが自宅でできる人は、わずかだと思います。一方で、同じ日の朝に着付けとヘアメイクをしないといけない新成人が、大勢います。

地域の事情によるのですが、対応できる美容院などの数は限定されていますから、実は振袖を選ぶよりも、着付けや美容院の予約を先にしておきたいところです。

成人式の2年も前だと、当の本人は何も考えていないのがふつうでしょう。でも、馴染みの美容室があるなら、それとなく話をしておくといいと思いますよ。お店の方も、それは早すぎますとは言わないでしょう。

スポンサーリンク

成人式で着物が似合わないと泣かないために

選んだ着物が似合うかどうかは、着てみないとまったくわかりません。振袖をネットで簡単に借りることはできますが、モニターの画像だけでその人に合うものを選ぶのは、専門家でも無理だといいます。

せっかくのハレの日、記念写真も撮ります。一生残る記録になりますから、似合わない着物を選んでしまうと悲劇です。

ときどき成人式の写真を「黒歴史」といって、絶対に他人に見せない女性がいます。わが子にそうなってほしくはないですよね?

振袖は洋服を選ぶ感覚で決めると、かなり地味めになってしまいます。背格好や肌の色によって、どんな色柄の着物が似合うかは人それぞれ。さらに、着物に慣れている人の「似合っている」と、素人感覚の「似合っている」には差があります。

たとえ本人があまり気に入っていなくても、専門家がみて「似合う」ものは、時間が経ってから写真をみると、正解!!と思えるようです。

だから、試着したり下見したりできるところで、振袖を選びましょう。ネットで出てくるレンタル着物店でも、現物を実際にみることができるお店もあります。そういうところを選んで下さいね!

できれば着物をよく知った人に立ち会ってもらって、似合っているかどうか意見を聞いて、決めて欲しいとおもいます。

地元の写真館や美容院にとって、成人式や卒業式は書き入れどきです。うちの地元では、京都の呉服屋さんと組んで、振袖、ヘアメイク、着付けと写真をセットで提案しているお店もあります。

着物は現物をみて選んだほうがいいし、着付けや髪のセットはネットの中ではできないですから、地元で相談できるところを探しておくのはおすすめです。

必要があれば顔をあわせて話せる相談相手がいると、何かと安心ですよ。

まとめ

お子さんには気が早すぎると思われるかもしれませんが、成人式の準備は2年ほど前から意識しても、早すぎることはありません。

お嬢さんを子ども扱いできるのも、一応これが最後ですw

成人式の当日まで、親子でいっしょに楽しんで下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする