火災保険を請求する手続きの仕方 必要書類とか保険金の相場とか

火災保険は、火事がおこったときだけの保険ではありません。

大きな台風や大雨、雪など自然災害で被災したときにも、自宅や持っている不動産の被災箇所は火災保険で保障されることがあります。

でも保障を受けるには、保険契約者が自分で保険会社に請求することが必要です。ここでは、保険会社に請求する手続きなどを紹介します。

スポンサーリンク

火災保険を請求する手続きの仕方

火災保険の対象になっている建物や家財道具が被災したとき、保険会社から損害保険金を受け取るためには、火災保険の契約者が自ら請求の手続きをする必要があります。

具体的な請求の手続きは、以下のような手順になります。

  • 被災状況の調査と被災箇所の写真撮影
  • 保険会社への提出書類の作成と修理費用の見積もり
  • 保険会社の鑑定人による現地立会調査
  • 保険会社から保険契約者への被災認定通知
  • 保険契約者への損害保険金の支払い

保険契約者が行う作業は、1番目と2番目の項目です。3番目以降は請求を受けた保険会社がするものです。

火災保険を請求するときの必要書類

火災保険を請求するときの必要書類は、保険契約の中で決められています。保険会社や保険契約の時期によって多少の違いがあると思いますが、基本的なものはほとんど一緒でしょう。

損害保険金の支払額を決める被災状況の判定は、まず書類で審査されるため、提出書類には被災状況をわかりやすく示す写真を添えることがとても重要です。
写真を撮るときは、対象になる傷や破損が被災によるものか経年劣化によるものかを判断し、被災による破損ということがわかりやすいように、適切なレンズの角度で撮影をする必要があります。
経年劣化による汚損は撮る必要はありませんが、被災箇所に撮影漏れがあってはいけません。保険金を請求し損なうことになります。写真が撮りにくい場所もありそうですから、撮り方には工夫が必要になるかもしれません。
また、損害保険金は破損箇所の原状回復費用が支払い金額の上限となるので、修理に必要な金額の見積もりも必要です。見積もりを出してもらう業者の選定も保険契約者のしごとです。

被災した状況の中で、こうした慣れない作業をするのは大変でしょう。破損箇所を見極めるのは、経験がないとむずかしいかもしれません。

そこで、請求を受けた保険会社でも鑑定人を現地に派遣して被災状況の調査をおこないます。保険契約を仲介した保険代理店も相談にのってくれるでしょう。

鑑定人や保険代理店は保険会社側の人間なので、保険金をできるだけ支払わないように動くのではないかと心配する人もいるかもしれませんが、それを気にする必要はありません。

保険金の支払い実績をあげるのは、保険会社の重要な仕事だからです。保険会社は損害保険金の支払い金額を毎年競っています。支払額の大きさは、そのまま会社への信頼の大きさになるからです。だから、粗探しをされて保険金額が削られるのではないかと、過度に心配する必要はないですよ。

スポンサーリンク

火災保険の保険金の相場は?

実はプロからみると、火災保険はもっと損害保険金を支払うことができるのに、契約者の方で見落としているケースが少なくないようです。

上記で説明した保険会社への請求手続きを、無料でサポートするサービスがあります。

無料サポートをするには条件があって、保険会社への請求で損害保険金が支払われたときは、成功報酬を支払うか、破損箇所の原状回復のために修理を発注するのですが、保険金が下りなければ依頼者は1円も支払うことはありません。

このサービスを提供している会社が実際に対象になる物件を調査すると、パッと見ではわかりにくい小さな破損箇所でも、保険金を請求できるケースが多くあるそうです。

関東地方では築5年以上の一戸建て住宅のうち、7割以上で保険金の支払対象になる破損があり、その金額の相場は平均して80万円です。

これは、関東地方で築5年以上の一戸建てに住んでいて、このサービスを受けていないオーナーさんの約7割は、80万円もの損害保険金の対象になる破損に気がついていない、ともいえます。けっこうな金額になりますよね?

多くの人が甚大な被害を受けたときは、被災者の方は保険を請求することに意識がまわるでしょうけれど、特に大きな災害にあわなければ、ほとんどの人は保険が請求できるとは考えないのでしょうね。

新築の一戸建てでも、時が経てばいろいろとメンテナンスする必要がでてきます。どちらにしろ修繕や補修はしないといけません。5年以上も直射日光や風雨に晒されていれば、多かれ少なかれ家は傷みが出てきているでしょう。それが経年劣化によるものでなければ、火災保険の補償対象になる可能性があります。

「もしかしたら、うちは損害保険金が請求できるかも」と思った方は、無料サポートを利用して保険金で修理ができないかどうか、チェックしてみてはいかがでしょうか。

自分で保険金の請求ができるかどうか、的確に判断できればいいのですが、それは素人目には簡単ではないかもしれません。被災による傷みであっても、保険金を請求できる期限というものもあります。その辺の勘所がわかっているのが、その道のプロです。

申し込みはこちらからできます。
↓↓↓↓↓↓↓

台風・大雪・地震の物件被害調査プログラム

まとめ

一戸建てで築5年以上だと、意外と屋根や樋(とい)が傷んでいるんですね。7割の家で平均80万円の損害保険金という金額の大きさにはおどろきました。

損害保険金の請求ができないようなら調査費用は無料ですから、まだチェックしたことがない人は依頼してみてはいかがでしょうか。

この記事はお役にたてましたか?

あなたのお役にたてたとしたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです(^^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする