脇の黒ずみを消すには 治す方法と対策

美容・健康
  • 脇の黒ずみが気になって水着やノースリーブを着るのがイヤだ
  • ワキが気になって電車のつり革につかまれない

こんな悩みがあると、春や夏になって暖かくなるのが全然たのしみではなくなってしまいますね。

脇が見えても自信をもっていられるように、春が来る前から対策をしておくといいですよ。

スポンサーリンク

脇の黒ずみを消すには

脇の黒ずみを消すには「ワキの黒ずみ」ケア用の薬用美白ジェルがあります!

pule pearl(ピューレパール)

ピューレパールは、ユーザーさんの9割が「黒ずみケアできた!!」「黒ずみに悩む人へおすすめしたい」と答えています。

 

思春期になると、たいていの女性は脇のムダ毛を処理するようになりますね。カミソリや毛抜きを使う人が多いのですが、ムダ毛処理が肌を傷めて黒ずみをつくる原因になってしまいます。

脇の黒ずみの正体はメラニンです。日焼けも、紫外線に対する防衛反応で肌がメラニンを生成した結果ですが、紫外線以外の刺激に対しても肌はメラニンを生成します。

通常は肌が新陳代謝して新しい細胞に入れ替わっていくと、自然にメラニンも排出されて、元の白い肌に戻ります。でもムダ毛処理は繰り返し行われるので、常にメラニンが生成されることになって、だんだん肌に色素沈着して黒ずみが消えないようになってしまいます。

だから、脇のメラニン生成を止めるには、ムダ毛処理をやめないと根本的な解決策にはならないかもしれません。少なくとも、ムダ毛処理は肌に負担をかけない方法にして、さらに肌を整えて本来の姿を取り戻す必要があります。

脇の黒ずみを治す方法

ピューレパールは、ダメージを受けた肌を整えて、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を正常にします。そのために抗炎症成分、美白成分、保湿成分が配合されています。

ピューレパールは「医薬部外品」です。

医薬部外品というのは武田薬品工業の子会社で武田コンシューマーヘルスケア株式会社のウェブサイトで、以下のように説明されています。

効果・効能の認められた有効成分が含まれていますが、人の体に対する作用が穏やかなもので、日常的な不快感の緩和を目的とする育毛剤、入浴剤などが該当します。従来の効能に殺菌や消毒効果を強めた「薬用化粧品」も、化粧品ではなくここに含まれます。
殺虫剤、殺そ剤など人または動物の保健目的に使用されるものも医薬部外品です。
また、比較的安全性が高いと判断され、医薬品から移行した整腸薬などの「指定医薬部外品」もこの区分です。

出典:タケダ健康サイト

参考サイト>>>薬のやさしい基礎知識

ちなみに化粧品は、医薬部外品よりも成分の効果が穏やかになります。

 

実際に使うことはないでしょうけれど、ピューレパールは赤ちゃんでもつかえる肌にやさしい成分でつくられているので、敏感肌の人でもつかうことができます。

もちろん合成香料、着色料、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤は無添加です。

全成分は以下のとおりです

【有効成分】
水溶性プラセンタエキス・グリチルリチン酸ジカリウム
【その他の成分】
3-O-エチルアスコルピン酸、ビサボロール、米糠抽出物加水分解液A、水溶性コラーゲン液-4、ヒメフウロエキス、ヒアルロン酸Na-2、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、トレハロース、ステアロイルフィトスフィンゴシン、濃グリセリン、トリメチルグリシン、カルボキシビニルポリマー、水酸化K、キサンタンガム、ジメチコン、天然ビタミンE、BG、12-ペンタンジオール、フェノキシエタノール、エチルヘキサン酸セチル、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、精製水

ピューレパールは、もし肌に合わなければ商品代金を返してもらえる「永久返金保証」があります。定期コースを申し込んでも、いつでもお休み・中止OK!!継続のお約束がありません

だからお試しで申し込んで、実際にどんな商品なのか自分で試してから使い続けるかどうかを決めることができます。

こんな風に開けてしまっても、肌に合わなければ返金してもらえます。

つまり、脇の黒ずみを治す方法として効果があるかどうか、ピューレパールを試すのにリスクはありません。

ただ、ピューレパールをつかっても、いつも肌が傷んでいるのでは黒ずみは消えてなくなりません。だから、ムダ毛処理はやり方を変える方がいいと思います。

カミソリや毛抜きはやめて、電気シェーバーをつかうと、ある程度肌への負担は和らげられるでしょう。

でも、できれば脇は脱毛して、ムダ毛処理をほとんどしなくていいようにすれば、肌を傷めないで済みます。

脇の黒ずみ対策

脇の黒ずみが発生する理由は、脇のムダ毛処理でした。

ムダ毛を処理しないで済めばいいのなら、最も効果的な対策は脇毛の脱毛です。

最近の脱毛サロンでは、脇はたいていキャンペーン価格が適用されます。たとえばテレビCMなどでもお馴染みのミュゼプラチナムです。

美容脱毛サロン ミュゼプラチナム

脱毛サロンは、ミュゼ以外にも数多くありますが、とりあえず脇限定と考えるなら、店舗数の多いミュゼがいいのではないでしょうか。

他の部位の脱毛も勧められるとは思いますが、今の時代しつこい勧誘はなくなりました。ネットで悪い評判を拡散されるのが怖いですからね。

人に脱毛してもらうのは、最初は恥ずかしいかもしれません。でもサロンのスタッフはプロですから、あまり気にする必要はないですよ。

まとめ

脇の黒ずみ対策には、黒ずみを消すための対症療法と、黒ずみをつくらないための予防策を同時にするのが効果的です。

対症療法として医薬部外品のピューレパール、予防策として脇の脱毛があります。寒いうちからはじめておくと、暖かくなったころには、ワキのチラ見えがもう気にならないと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました